淡路島うず潮観潮船で鳴門海峡を遊覧しよう

自然・公園

淡路島では鳴門海峡を遊覧する「うず潮」観潮船があります。兵庫県の淡路島と四国の徳島県の間にある鳴門海峡は、世界三大海峡の一つに数えられるほど潮流が激しいことで有名です。

鳴門海峡で発生する「うず潮」は世界一の大きさを誇ります。

古来より名立たる人々を絶景と言わしめた世界最大の「うず潮」は、現在では年間100万人以上が訪れる人気の観光スポットとなっています。「うず潮」の魅力と楽しむ方法をまとめました。

淡路島うず潮の魅力

鳴門海峡の渦潮は古来より絶景で魅了

世界一のうず潮である鳴門の渦潮の、大きな音を立てて海がうねる様子を間近で見ると迫力が満点です。鳴門のうず潮は、江戸時代には作家の井原西鶴や浮世絵師の歌川広重を驚愕させるなど、古来から名立たる人々の好奇心をかき立て魅了してきた絶景といえます。

6時間毎に潮が轟音を立てて流れ落ちる

潮が轟音を立てて、北側の播磨灘から南側の紀伊水道へ流れ落ちていきます。春や秋の大潮の時で潮位の差は最大1.5メートル、潮の速さは時速20キロで、水深80メートルの海峡を通過します。潮流の流れは距離にすると数百メートルに及びます。6時間後には、南側の紀伊水道から北側の播磨灘へ流れ落ちていきます。

回転する渦は数十秒程度で無数の渦が誕生

幅約1.3キロの鳴門海峡を挟んで満潮と干潮が入れ替わる不思議な現象が鳴門のうず潮を生む原動力となっています。回転する渦を見られる時間は数十秒程度です。無数の渦が出来ては消えて、出来ては消えてを繰り返します。

年間100万人が訪れる観光スポット

複雑な地形が、潮の緩急を生み、渦が生まれるのです。直径は約20メートルの渦潮は、壮大な自然のショーといえます。景観としても世界的にも貴重で、徳島県鳴門市や兵庫県南あわじ市からたくさんの観潮船が出航しています。現在では、年間100万人の観光客が渦潮を体験するために訪れる人気の観光スポットです。

淡路島うず潮の秘密

鳴門海峡で発生するうず潮が世界一の秘密は、鳴門海峡が世界三大潮流の一つに数えられるほど潮の流れが急激であること、鳴門海峡がV字型で急激に深く落ち込んでいることに関係があります。

鳴門海峡で渦潮が発生するメカニズムは、太平洋から瀬戸内海に流入する2つの海流が合流する時間差と、満潮と干潮による海流が合流して生じる水位差、早い海流と遅い海流の速度差に関係があります。

なお、詳細は下記の「鳴門海峡の渦潮 世界一の理由と発生するメカニズム」をご参考ください。

淡路島うず潮の楽しみ方

世界三大海峡の一つとなる鳴門海峡で発生する世界最大のうず潮の楽しむ方法として、淡路島の兵庫県南あわじ市と徳島県鳴門市において、3つの楽しみ法があります。

淡路島「うずしおクルーズ」に乗船してうず潮を体験

淡路島の兵庫県南あわじ市にある道の駅福良から出港する観潮船「うずしおクルーズ」に乗船します。鳴門海峡までクルージングしながら間近でうず潮を体験することができます。乗船料金は、大人2000円、子供1000円となっています。

徳島県「うずしお観潮船」に乗船してうず潮を体験

淡路島から大鳴門橋を渡って四国に上陸します(高速料金片道680円)。徳島県鳴門市から出港する観潮船「わんだーなると」もしくは小型水中観潮船「アクアエディ」に乗船します。鳴門海峡までクルージングしながら間近でうず潮を体験することができます。乗船料金は、「わんだーなると」が大人1800円、子供900円、「アクアエディ」は大人2400円、子供1200円となっています。

徳島県で「渦の道」を歩いて橋からうず潮を見学

淡路島から大鳴門橋を渡って四国に上陸します(高速料金片道680円)。徳島県鳴門市の大鳴門橋の袂から高架下にある遊歩道「渦の道」に入場します。橋の中央まで歩いて橋の上からうず潮を見学することができます。「渦の道」の入場料金は510円となっています。

淡路島うず潮のまとめ

淡路島うず潮のまとめとして、鳴門海峡のうず潮の見学は淡路島がおすすめです。世界三大海峡の一つとなる鳴門海峡で発生する世界最大の渦潮の楽しむ3つの楽しみ方を比較してみます。

高速道路料金や大鳴門橋の往復料金と乗船料金や入場料金を考えると金額的には、淡路島「うずしおクルーズ」に乗船してうず潮を体験するのがお得となります。

移動時間や乗船時間や徒歩時間を考えると時間的に、淡路島「うずしおクルーズ」に乗船してうず潮を体験するのがお得となります。

なお、うずしおクルーズの詳細については、「うずしおクルーズ 淡路島の観潮船」の記事をご参照ください。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました