淡路島3年とらふぐ祭 福良漁協うずしお朝市(11/26)

11月26日(日)の9時から11時まで南あわじ市の福良漁業協同組合で淡路島のふぐシーズン始まりを告げる「淡路島3年とらふぐ祭」が開催されます。福良湾で育った淡路島のブランドふぐ「淡路島3年とらふぐ」は、全国の養殖場でも1番水温が低く、日本一潮の流れの速い鳴門海峡の近くで養殖しているため、身がしまり、味は濃厚で、天然物にも引けをとりません。また、通常の養殖場では、リスクの少ない2年間育成された0.8Kg以下のものが多く出荷されていますが、「淡路島3年とらふぐ」は、1年間長く1.2Kg以上になると、養殖魚特有の黒いすじも消えて、天然物とほとんど変わらない美味しさになります。また白子は2年物では考えられないほど大きくなります。このような淡路島のブランドふぐ「淡路島3年とらふぐ」のシーズンの始まりを告げるイベントが「淡路島3年とらふぐ祭」になります。

淡路島3年とらふぐ祭の詳細情報

  • 開催日時:11月26日(日)9:00~11:00
  • 開催場所:福良漁業協同組合
  • 開催住所:656-0503 南あわじ市福良丙28
  • 電話番号:0799-52-0064

小学生以下先着5名によるレッツチャレンジふぐ歯切体験に始まり、特別企画クイーン淡路にジャンケンで勝った2組限定でてっさを豪快に大人食い(別名「長嶋喰い」)に続いて、てっさ(ふぐ刺し)、てっちり(ふぐ鍋)、3年とらふぐ雑炊がそれぞれ200食の振舞いがあります。また、同時開催として毎月第4日曜日の8時~12時に福良漁業協同組合で「うずしお朝市」を開催しています。会場内には、漁業協同組合ならではの魚のトロ箱が並び、ピチピチで獲れ立ての鮮魚が格安で購入できます。野菜・米など淡路島でとれた旬で新鮮な食材も幅広く販売しております。また、海産物や加工品、天ぷらや練り物、揚げ物や惣菜、ちりめん丼やたこ焼きなど色んなお店が出店しています。

淡路島3年とらふぐ祭のタイムテーブル

  • 9:00 ふぐの歯切り体験(子供5人限定)ふぐのてっさひき体験(大人5人限定)
  • 9:30 大人喰い、通称長嶋喰い(参加資格は朝市会場で1000円以上購入したスピードくじ抽選券を2枚以上お持ちの方。クイーン淡路とのじゃんけん大会で勝者2組を決めます。勝者は大皿に盛られたてっさを箸でつかめるだけ食べられます)
  • 10:00 ふぐの振る舞い(てっさ、てっちり、最後にふぐ雑炊と振る舞われます)

関連記事