2019年の淡路島イルミネーションおすすめライトアップ

淡路島観光

2019年の淡路島のイルミネーションでおすすめライトアップをまとめました。なお、2020年の淡路島のイルミネーションでおすすめライトアップは「淡路島イルミネーションおすすめライトアップ2020」の記事をご参照ください。

明石海峡大橋「ライトアップ」

明石海峡大橋のライトアップは、常時開催されています。淡路サービスエリアから望める世界一の吊り橋である明石海峡大橋は、淡路島でナンバーワンの観光スポットとなっています。

夜になると明石海峡大橋がライトアップで光り輝きます。世界初となる自由な色彩が可能なケーブル照明1084個で、多彩な光の演出をしてケーブル曲線美を表現できるイルミネーションを毎日行っています。

神戸の街並みの美しいネオンライトで浮かび上がる明石海峡大橋の煌くアーチは絶景といえます。

特に年末にかけては、神戸ルミナリエ、クリスマス、年末のカウントダウン、年始の日の出と特別プログラムによるライトアップパターンでのイルミネーションとなるためにおすすめです。

淡路サービスエリア上り「ライトアップ」

淡路サービスエリア上りのライトアップは、本館の奥にある「橋の見える丘」と呼ばれる広場で「蓄光石」による幻想的な光の演出を行っています。ロマンチックムードが漂う「恋人の聖地」に認定されています。

蓄光石とは、蓄光発光セラミックスの通称で太陽光や蛍光灯の紫外線を吸収して、半永久的に蓄光と発光を繰り返すセラミックス素材です。夜になるとエメラルドグリーンに輝きながら光の演出をしています。

日本発祥の地である「淡路島」の国生み神話をモチーフにしています。イザナギとイザナミによる淡路島を創造したデザインと国土創生により誕生した日本列島がエメラルドグリーンに浮かび上がります。

淡路サービスエリア上りの本館の奥にある「橋の見える丘」からは、蓄光石による幻想的な光の演出で、神戸の街のネオンライトをバックに明石海峡大橋が美しいライトアップで浮かび上がります。

なお、淡路サービスエリア上りは、淡路サービスエリア下りと連絡道路でつながれており往来が自由です。

幸せのパンケーキ淡路島リゾート「ウインターイルミネーション」

11月23日(土祝)から2020年1月13日(月祝)までの16時から20時まで、幸せのパンケーキ淡路島リゾートで「ウインターイルミネーション」が開催されます。

アクアブルーやシャンパンゴールドの光で彩られた高さ10メートルのクリスマスツリーは、淡路島で随一と称されるインスタ映えスポットを豪華で煌びやかに夜も輝かせます。

開催期間は、全国でも淡路島リゾート限定で「抹茶といちごのパンケーキ」が販売されます。淡路島産の「幸せのいちご」がふんだんに使用されたスペシャルメニューとなります。

奇跡の星の植物館「クリスマスフラワーショー2019」

2019年11月23日(土)から2020年1月19日(日)まで、淡路夢舞台にある「奇跡の星の植物館」で「クリスマスフラワーショー2019」が開催されています。

今年は日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念して、サンタクロースの国「フィンランド」にフォーカスしたオーロラのフラワーショーとなります。

淡路島で最大級の高さ10メートルのホワイトクリスマスツリー、200種2万株を越える雪に見立てた白い花、シルバーブルーのイルミネーションが彩るクリスマスガーデンが登場します。

光と花の饗宴するクリスマス空間となります。クリスマスを聖なる夜を演出するクリスマスイルミネーションが楽しめます。咲き乱れる花々がキラキラ輝き、降り積もる雪のように美しいです。

淡路ハイウェイオアシス「巨大クリスマスツリー」

2019年11月1日(金)から12月25日(月)までの終日、淡路ハイウェイオアシスのアトリウム空間で淡路島最大級となる9メートルのクリスマスツリーのライトアップが開催されます。

2004年から毎年の恒例イベントで、淡路ハイウェイオアシスで冬の風物詩として定着しています。

オアシス館のアトリウム空間で、巨大クリスマスツリーが約2万個の赤、青、黄、白といった電球で鮮やかに輝きます。周辺に植えられた巨大な樹木も、約6000個の飾りが施されています。

なお、淡路ハイウェイオアシスは、高速道路を下りることなく淡路サービスエリアと連結されています。名物の淡路島玉ねぎスープの無料試飲できるスープスタンドで人気となっています。

淡路夢舞台「花と光のページェント2019」

2019年11月16日(土)から2020年2月16日(日)まで、淡路島のリゾート施設「淡路夢舞台」で「花と光のページェント2019」が開催されます。

世界的建築家の安藤忠雄さんが設計した巨大な建造物がライトアップとイルミネーションにより光のアート作品となります。屋外エリア一体で入場は無料です。

広大な夢舞台エリアが水面、植樹、壁面など様々な角度から光によって色づけされて、特別なクリスマスイルミネーションで彩られます。無機質と幾何学の空間で光と花の供宴が楽しめます。

独創的な構造物が組み合わさった空間となる芝生広場、貝の浜、楕円フォーラム、円形フォーラムが光のオブジェに変身して、アート作品として新たな魅力を創造します。

ニジゲンノモリ「ナイトウォーク 火の鳥」

ニジゲンノモリにあるナイトウォーク火の鳥は、淡路島の自然のままの夜の公園の森を歩きながら、手塚治虫さんのマンガ「火の鳥」の幻想的な世界を体験する体感型のアトラクションとなります。

手塚治虫さんの子息である手塚眞さんが監修した原作にはないオリジナルストーリーに沿って全長1.2キロのコースを歩きます。淡路島の歴史と自然に、火の鳥をリンクさせたストーリーが展開されます。

数々の大型プロジェクトの演出を手掛けてきたクリエイティブ集団NAKEDの代表である村松亮太郎さんが演出しています。プロジェクションマッピングが施された光と音で神秘的な火の鳥の世界が登場します。

なお、ニジゲンノモリは兵庫県立淡路島公園にあるアニメパークです。クレヨンしんちゃん、こびとづかん、火の鳥、脱出ゲームなどマンガ・アニメ・絵本・ゲームなど二次元と自然を融合したテーマパークです。

NARUTO&BORUTO 忍里「火影岩ナイトイリュージョン」

11月16日(土)から、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」にあるナルトアトラクション「NARUTO&BORUTO 忍里」で、火影岩ナイトイリュージョンが開催されます。

「NARUTO&BORUTO 忍里」でシンボルとなるモニュメント「火影岩」で、プロジェクションマッピングによるエキサイティングなショーとなります。

毎日の日没してから1時間毎に約10分間程度、エリアでシンボルとなる高さ約11メートルの巨大な火影岩の造形で、キャラクターや光の演出などが投影されます。

なお、入場料金は大人3300円、中高生1800円、小学生以下500円となります。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました