魚介・海鮮料理「うずの丘大鳴門橋記念館」

ジャンル

うずの丘大鳴門橋記念館「絶景レストラン」の魚介・海鮮料理は「海鮮うにしゃぶ」がおすすめです。

  • 海鮮うにしゃぶ:時価4,400円

海鮮うにしゃぶは、淡路島の絶品「生うに」をベースに仕上げたウニスープに新鮮な魚介をしゃぶしゃぶして食べる料理です。旬の魚介類を贅沢に堪能できる高級鍋として1番人気のメニューです。

生うにベースのスープに、魚介の海鮮串、生うに板「逆さウニ」、白ご飯、小鉢が付きます。

まずは、「生うに」をベースにした黄金の濃厚スープを味わいます。和風ダシをベースに、練りウニを下地に使い煮立てています。ペースト状にした「生うに」を混ぜ込んで、豆乳を入れています。

ウニの風味と香りに、まろやか・とろみが出て美味しいです。次に、海鮮串をウニスープにしゃぶしゃぶして食べます。海鮮串は、太刀魚(タチウオ)、鰆(サワラ)、鯛(タイ)などの刺身串です。

さっとくぐらせると刺身の食感が楽しめます。じっくりと温めると白身に出汁が染み込みます。

生うに板は、ミョウバンなど保存料を一切使用せず、仕入れた当日に提供されます。ウニスープに入れると贅沢な「ウニonウニ」が味わえます。ご飯にのせると極上生うに飯が味わえます。

締めは、ウニスープにご飯と薬味を入れて「絶品うに雑炊」として食べます。磯の香りが鼻を通り、ウニの濃厚さ舌で味わい、お米の甘さを噛み締めながら、味覚と嗅覚が研ぎ澄まされます。

淡路島魚介・海鮮料理については「淡路島 魚介・海鮮料理おすすめ10選」をご参照ください。

うずの丘大鳴門橋記念館は、淡路島南西部の丘にある観光施設です。展望広場は、大鳴門橋と鳴門海峡と瀬戸内海の絶景と巨大玉ねぎモニュメント「おっ玉葱」のフォトスポットで人気です。

バーガーショップは、ご当地バーガーグランプリで全国1位と2位を獲得したバーガーが人気です。ショップは、淡路島ビスケット島ビスケ玉ねぎはじめ、約300種類の商品を販売します。

レストランは、淡路島の魚介類を使用した海鮮料理を堪能できます。他にも、鳴門の渦潮の展示学習施設、玉ねぎUFOキャッチャー、玉ねぎカツラ、玉ねぎピアノ、玉ねぎチェアで人気です。

また、うずの丘大鳴門橋記念館の基本情報は以下のとおりです。

絶景レストランうずの丘の基本情報は以下のとおりです。

  • 営業時間:11:00~15:00
  • 定休日:月曜日、火曜日
  • 座席数:180席

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました