淡路島観光スポットおすすめ34選

特別公演「淡路島七福神録」ハローキティショーボックス

特別公演「淡路島七福神録」が開催されます。淡路島北西部にあるシアターテストラン「ハローキティショーボックス」で、七福神にまつわるショーとなります。七人の神様が歌と演奏とダンスで魅了します。

淡路島では、七福神めぐりがパワースポット巡りとして人気です。淡路島を神様が乗り宝箱を運ぶ宝船に見立てています。日本のみならず、中国やインドから淡路島に集まった七福の神々のお話しを楽しめます。

特別公演「淡路島七福神録」の開催日は、2020年6月6日(土)から7月31日(金)までとなります。ショーにはサンリオキャラクターは出演しませんが、ショー終演後にハローキティが登場します。

キティちゃんによるグリーティングが開催されます。なお、火曜日と木曜日は淡路七福神録が休演です。淡路オルケスタによる生演奏ライブが開催されます。

6月の特別公演は、金曜日・土曜日・日曜日・月曜日の11時からのランチタイム公演、土曜日・日曜日の15時からのカフェタイム公演があります。7月の特別公演は、未定です。

なお、ハローキティショーボックスの詳細については、「ハローキティショーボックス 淡路島シアターレストラン」の記事をご参照ください。

特別公演「淡路島七福神録」

2020年6月6日(土)から7月31日(金)まで、兵庫県淡路市にあるシアターテストラン「ハローキティショーボックス」で、特別公演「淡路島七福神録」が開催されます。七福神にまつわるショーです。

6月の特別公演は、金曜日・土曜日・日曜日・月曜日の11時からのランチタイム公演、土曜日・日曜日の15時からのカフェタイム公演があります。7月の特別公演の予定は未定となります。

昨年10月10日(木)から11月12日(火)までの公演か好評だったために再演が決定しました。当初4月9日から予定されましたが、緊急事態宣言のためにショーの開始日が変更となりました。

 

福をもたらす七人の神様「七福神」は、江戸時代から七福神を祀る寺社を巡る七福神詣でが流行となりました。淡路島でも、七福神めぐりがパワースポット巡りとして人気でとなっています。

淡路島を神様が乗り宝箱を運ぶ宝船に見立てています。日本のみならず、中国やインドから淡路島に集まった七福の神々のお話しを楽しめます。七人の神様が歌と演奏とダンスで魅了します。

淡路島は由緒正しき島といわれています。イザナギとイザナミがはじめて創られた島「オノコロ島」です。古事記に記載されている神秘的な島です。古来より朝廷に食料を献上した御食国です。

 

注意事項として未就学児の方は入場できません。上演中の録音、写真撮影、動画撮影は禁止となります。

上演後には、出演者と一緒に記念撮影できる時間が設けられています。記念撮影した写真は、SNSへの公開が可能です。出演者へのプレゼントやファンレターは受付となります。

ショーには、サンリオキャラクターが出演しませんが、ショー終演後にハローキティが登場します。キティちゃんによるグリーティングが開催されます。

スケジュール

ランチ公演(金曜日~月曜日、祝日)

  • 11:30 開場(入場は12:15まで)座席でヴィーガン料理のお重を提供
  • 12:30 開演 淡路七福神録&ハローキティグリーティングショー
  • 13:30 閉演 完全入れ替え制

カフェ公演(土曜日・日曜日)

  • 15:00 開場
  • 15:30 開演 淡路七福神録&ハローキティグリーティングショー
  • 16:30 閉演

淡路島七福神

  • 恵比須神(万福寺):恵比須神は、七福神で唯一の日本の神様で、左手に鯛を抱えて右手に釣竿を持った親しみ深い姿です。漁業の神様で、特に商売繁盛の神様として信仰が厚いです。
  • 布袋尊(護国寺):布袋尊は、弥勒菩薩の化身といわれ、笑顔を絶やさず人々に接していた人で、笑門幸福、夫婦縁満、子宝の神様として信仰が厚いです。
  • 弁才天(知禅寺):弁才天は、七福神の中で唯一の女神で、知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があるといわれています。
  • 大黒天(八浄寺):大黒天は、大自在天の化身ともいわれ、大国主命と神仏習合したもので、財宝、福徳開運の神様として信仰されています。
  • 毘沙門天(覚王寺):毘沙門天は、四天王の一仏で別名「多聞天」と呼ばれて武将の姿をしています。融通招福の神様として信仰されています。
  • 福禄寿(長林寺):福禄寿は、名前は幸福の福、身分の禄、寿命の寿の三文字からなり、中国の道教の長寿神として、招徳人望の神様として信仰されています。
  • 寿老人(宝生寺):寿老人(は、福禄寿と同じく星の化身で、長寿延命、富貴長寿の神様として信仰されています。

脚本・キャスト

脚本・作詞・演出・振付は、演出振付家の謝珠栄さんが務めます。友石竜也さん(恵比須神役)、舞城みきさん(毘沙門天役)、高畠ゆうみ(弁才天役)、中村明日香さん(福禄寿役)などとなります。

【脚本・作詞・演出・振付 演出振付家】 謝 珠栄

57期生として宝塚歌劇団に首席入団。団後はアメリカに留学。帰国後は振付家として“演劇的な踊り”が高く評価され、その個性的な振付は演劇界に大きな衝撃を与えた。その後も斬新な振付で劇団四季・宝塚歌劇団・東宝などのミュージカルや映画・TVの各分野で幅広く活躍し、1990年より本格的に演出家へと転向する。1985年にTSミュージカルファンデーションを設立。オリジナル・ミュージカルの企画・製作をし、話題作を発信し続けている。

【受賞歴】芸術選奨文部大臣新人賞、菊田一夫演劇賞、芸術祭優秀賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞、松尾芸能賞優秀賞ほか多数

【キャスト】

恵比須役/友石 竜也

兵庫県宝塚市出身。大阪芸術大学舞台芸術学科ミュージカルコースを中退し、1999年劇団四季入団。入団1年目に『ライオンキング』シンバ役を射止め、通算1200回出演。『アイーダ』ラダメス役も演じる。2006年、自分自身の可能性に挑戦するため自主退団。2年の充電期間を経て舞台復帰。復帰後の出演作品は『calli~炎の女カルメン~』『悪路』『天翔ける風に』『カラミティジェーン』『ビクタービクトリア』『ズボン船長』『グランドホテル』『人生のピース』『キンキーブーツ』など。テレビ東京系列『カラオケ★バトル』にもミュージカル最強男子として出演。震災後、自主コンサート『明日の力コンサート』を主催し石巻や東松島で12回開催。神奈川県川崎市にて『ミュージカルソウルキャンプアカデミー』を主宰し、未来の子供たちへの育成にも全力で取り組む。

毘沙門天役/舞城 みき

2001年 吉本興業シャンプーハットミュージカル 出演、大阪体育大学ダンスフェスティバル 特別出演
2003年 劇団四季 入団(ミュージカルライオンキング、マンマ・ミーア、異国の丘にキャスティング出演)
2007年 東京ディズニーリゾート(ダンサーとして、6年間在籍。パークワイドをはじめキャッスルショー、CM等に出演)
2013年 ハウステンボス歌劇団 出演(鳴海じゅん杮落とし公演などをはじめとし、ファンタスティックレビュー、ラブエモーション、花のコンチェルト、ブルーブルーウィンドウ等に出演)
2015年 2016年 加賀屋 雪月花歌劇団雪組公演 出演
2016年 舞踊と民謡で綴る日本の原風景 北陸物語 振付 HKDC30周年記念公演 出演
2017年 大阪城パラディオン ダンサー出演、夢組特別公演出演 NHKうたコンサートダンサー出演。
2018年 、2019年 ジャンヌダルクダンサー出演。 夢組公演 エルドラド公演出演。
現在もダンス講師をする傍ら、男役、女役もこなし多方面にて活躍中

弁才天役/高畠 ゆうみ

大阪府出身。ジャズダンスを奥山賀津子氏、芹まちか氏、小川珠絵氏に師事。声楽を南風まい氏、太田聖二氏に師事。
1998年 甲南大学文学部日本語日本文学科卒業 1999年 大阪ミュージカルスクールステージ21プロコース終了1999年 劇団てんに入団 劇団公演の他、東宝芸能『アンナ・カレーニナ』、雪月花歌劇団、極楽歌劇団、歌劇☆ビジュー等に出演、コンサート、テレビ番組のバックダンサーや、ライブ活動も行う。

福禄寿役/中村 明日香

玉川大学文学部芸術学科卒業。
音楽一家に育つ。持ち前の音感の良さを生かし、芝居と歌などの「声」と、洋舞から日舞、フラメンコ、即興、コンテンポラリーなどの様々な「ダンス」のテイストを織り混ぜた、独自の多面体表現で空間を紡ぎ生みだす唯一無二の〈多面体表現者〉。自ら演じる表現活動に加え、舞台やWEB、CMなど様々な媒体の振付家としても活躍中。
近年では、和歌と幻舞・音楽とが融合した和装オペラ白河ジャパネスク能/オペラ『恋歌舞SO-MON』(主演・振付)や、「わたしらしく輝く」をテーマにしたプロジェクト『Aging Gracefully』のWEBサイトに関わる。他、よさこいや合唱の振付・演出などにも尽力する。

寿老人役/米田 寛

大黒天役/喜連 麻衣・大澤珠美

布袋尊役/五十嵐広大・坂本将規

巫女/金森 なつみ 酒井 愛里 春名 咲良 音月 さつき 田中 真衣 和田 奈津希 菅原 万奈

詳細・基本情報

  • 公演期間:2020年6月6日(土)~
  • 公演回数:ランチ公演(金曜日~月曜日)、カフェ公演(土曜日・日曜日)
  • 公演時間:ランチ公演(11:00~)、カフェ公演(15:00~)
  • 公演場所:ハローキティーショーボックス
  • 住所:〒656-1724 兵庫県淡路市野島平林177-5
  • 電話:0799-70-9022
  • 公式ホームページ:ハローキティショーボックス(HELLO KITTY SHOW BOX)
  • ランチ公演:大人6800円、子供3400円
  • カフェ公演(ブッフェのみ):大人2500円、子供1250円
  • カフェ公演(キティちゃんの写真握手券付):大人2980円、子供1490円
  • 席数:全169席(1階134席、2階35席)
  • 駐車場:無料(約100台)臨時駐車場を含む
  • 交通手段:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約10分、北淡ICから約15分
ハローキティショーボックス
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました