レストランさくら 淡路島生しらす丼とタコ料理でおすすめ店

和食

レストランさくらは、淡路島生しらす丼とタコ料理でおすすめのカフェレストランです。淡路島北西部にある野島断層の保存展示施設「北淡震災記念公園」の別館「物産館 ほくだん」にあります。

ランチは、淡路島生しらす丼、たこたっぷり丼などの海鮮料理が人気です。淡路島の食材をふんだんに使用して地産地消にこだわっています。地だこの天麩羅、地だこのたこぶつ、たこバターなどが名物です。

セルフサービスのフードコート形式で気軽に利用できます。北淡震災記念公園では、阪神淡路大震災の資料と模型、野島断層の展示、地震の揺れ体験などを通じて地震の脅威と教訓と防災の大切さを伝えます。

本館と分離した別館に、レストランと物産館があります。なお、新型コロナの影響により2020年7月末まで金土日のみの営業となります。

レストランさくら

レストランさくらの詳細・基本情報

  • 店名:レストランさくら
  • 住所:〒656-1736 兵庫県淡路市小倉177
  • 電話:0799-82-3020
  • 公式サイト:http://www.nojima-danso.co.jp/
  • 営業時間:平日10:00~15:00、土日祝10:00~15:30
  • 定休日:不定休
  • 座席数:30席(テーブル席)
  • 駐車場:無料(約200台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約20分、北淡ICから車で約10分

レストランさくらの様子・雰囲気

レストランさくらは、淡路島でランチでおすすめの和食レストランです。場所は、兵庫県淡路市にある野島断層の保存展示施設「北淡震災記念公園」の別館にあります。

アクセスは、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから車で約20分、北淡インターチェンジから車で約10分です。駐車場は無料で約200台が収容できます。

営業時間は、平日が10時から15時まで、土日祝が10時から15時30分まで、定休日は不定休です。

建物は、本館「野島断層保存館」の向かい側にある別館「物産館 ほくだん」となります。別館は、鉄筋2階建てです。ベージュ色で楕円形のフォルムが特徴です。駐車場から道路向かいの一番近い建物です。

建物 レストランさくら

本館は入場料金が必要ですが、別館は入場無料となります。建物には、レストランと物産館、団体向けのホールと和室、トイレがあります。レストランさくらの入口は、別館入口を入って左手にあります。

フードコート形式で食券を券売機で購入します。セルフサービスで受け渡し場所で料理を受け取ります。

店内は、楕円形の建物に沿って壁一面がガラス張りとなっています。天井・床・壁とベージュ系で統一されています。明るくて落ち着いた雰囲気です。大きな窓からは園内の広い敷地が見渡せます。

座席は、テーブル席が合計で30席前後あります。座席や通路の間隔が広めに取られています。ゆったりと感じられます。観葉植物が飾られています。テーブルには赤いテーブルクロスが敷かれてお洒落です。

テーブル席は組み合わせて、2人掛けから10人掛けまで少人数から大人数まで対応可能です。

店内 レストランさくら

淡路島の美味に舌鼓み

淡路島の歴史に触れた後は、瀬戸内の播磨灘を眺め
レストランさくらの美味しい料理を楽しみながらゆっくりとお過ごしください。

自然豊かな淡路島の海の幸、山の幸をふんだんに使ったお料理をご用意いたしました。

宴会メニューや団体食事のご用意もしておりますのでお気軽にご利用ください。
地元の皆様のご来店も心よりお待ちしております。

なお、北淡震災記念公園は、阪神淡路大震災の資料と再現模型、野島断層の展示施設、地震の揺れの体験施設、神戸の壁、メモリアルハウスを通じて、地震の脅威と教訓と防災の大切さを伝える施設です。

淡路島生しらす丼やタコ料理で人気

レストランさくらのメニューでは、淡路島生しらす丼とタコ料理が人気です。淡路島の食材をふんだんに使用して地産地消にこだわっています。地だこの天麩羅、地だこのたこぶつ、たこバターなどが名物です。

淡路島生しらす丼

淡路島生しらす丼のメニューは、淡路島素材「生しらす丼」です。淡路島素材「生しらす丼」は、淡路島ならではの鮮度の良さが決め手の生しらすをシンプルに食べられる丼となります。

生しらす丼 レストランさくら

トッピングは、生卵、青ネギ、ショウガ、刻みのりの組み合わせです。白い深めの器の丼で上品です。彩りも美しいです。味噌汁と漬物が付きます。

生しらす丼は、全国でも鎌倉や藤沢、淡路島でしか食べられないご当地グルメです。生しらすは、サラサラした口触り、プチプチした歯応え、ツルツルしたのどごしです。驚きの食感が魅力です。

青ネギとショウガがアクセントになります。生卵がまろやかにしてくれます。淡路島のお米「淡路米」はしっとりモチモチの食感で、生しらすとの相性が抜群です。

なお、淡路島生しらす丼は、毎年4月下旬から11月下旬までの期間限定メニューとなります。

  • 淡路島素材「生しらす丼」:1100円

タコ料理

タコ料理のメニューは、たこたっぷり丼をはじめ、一品料理として地だこ天婦羅、地だこのたこぶつ、たこバターなどが名物となっています。

たこたっぷり丼は、タコの天ぷらが7本前後、タコの柔らか煮が5本前後のせられています。太くて大きなタコの足が並んで立っています。タコづくしの丼です。

タコ丼 レストランさくら

明石海峡のタコで有名な淡路島の名物「地だこ」を堪能したい方におすすめです。地だこは淡路島の名産となっています。彩りとして大葉の天ぷらが数枚のせられています。味噌汁と漬物が付きます。

地だこの天ぷらは、サクサクした衣とコリコリした身が美味しいです。噛むほどにタコの旨みが出てきます。地だこの柔らか煮は、自家製出しの味付けです。甘辛くてモチモチした食感です。

淡路島の地だこは、急流でミネラル豊富な海峡で育まれたタコ(蛸)です。足が短く引き締まっています。タコが丸ごと一匹以上が食べられるぜ贅沢な丼です。しっとりモチモチの淡路米との相性も抜群です。

一品料理は、食事の足しにおすすめです。お酒にも合います。

地だこ天婦羅は、ぷりぷりした身が美味しいです。地だこのたこぶつは、コリコリしてタコ本来の味を堪能できます。たこバターは風味豊かに柔らかくなったタコを味わえる逸品です。

  • たこたっぷり丼:1320円
  • 地だこ天婦羅:610円
  • 地だこのたこぶつ:610円
  • たこバター:780円

海鮮料理

海鮮料理のメニューでは、お造り定食、海鮮丼があります。

お造り定食は、お洒落な器にお造りが美しく並べられています。鯛、サーモン、ハマチ、タコ、イクラ、生しらすなどが食べられます。鮮度抜群の旬の魚となります。バリエーションが豊富です。

海鮮 レストランさくら

淡路島の近海で捕れた新鮮な地魚を厳選しています。盛り付けも美しく、味も申し分ありません。淡路島産のお米「淡路米」と漬物に加えて、地魚の旨みが詰まったアラを使用した豪快あら汁が付いてお得です。

海鮮丼は、職人が選びぬいた地魚、料理人がこだわった地魚を並べた丼となります。生しらす、サワラ、鯛、サーモン、ハマチ、タコ、イクラなどが食べられます。鮮度抜群の旬の魚となります。

  • お造り定食:1980円
  • 海鮮丼:1880円

天ぷらのランチ

天ぷらのランチとして、島天婦羅定食、天重、たこ天重、ミニ天丼があります。

島天婦羅定食は、穴子に海老に白身魚など魚介類、玉ねぎなど野菜が天ぷらとして盛られています。食材の宝庫といわれる淡路島ならではのメニューです。ご飯、味噌汁、一品、香の物が付きます。

天重は、天ぷらの盛り合わせが重箱に入っています。たこ天重は、タコと野菜の天ぷらの盛り合わせが重箱に入っています。淡路タコは、3つの海峡に囲まれた淡路島の名産です。身が引き締まって美味しいです。

  • 島天婦羅定食:1980円
  • 天重:1430円
  • たこ天重:1430円
  • ミニ天丼:770円

うどんのランチ

うどんのランチとして、淡路牛ぶっかけ稲庭うどん、稲庭うどん天ざるセット、自慢のたこ・穴子の天婦羅うどん、自慢のたこ・穴子の天婦羅うどんセットがあります。

淡路牛ぶっかけ稲庭うどんは、淡路島の特産品となる淡路牛をしぐれ煮として食べられます。稲庭うどんは、太くて黄色味かかった麺が滑らかな食感です。生卵、ワカメ、ネギと絡めると美味しいです。

稲庭うどん天ざるセットは、淡路島の特産品となる淡路島玉ねぎが天ぷらとして食べられます。甘くてとても柔らかいです。この他、海老の天ぷらや野菜の天ぷらが盛られいます。

自慢のたこ・穴子の天婦羅うどんは、名物の地だこと地穴子の天ぷらを盛り付けたうどんです。セットでは、鶏そぼろ飯が付きます。地だこ・地穴子が両方味わえるメニューとなります。

  • 淡路牛ぶっかけ稲庭うどん:1100円
  • 稲庭うどん天ざるセット:980円
  • 自慢のたこ・穴子の天婦羅うどん:870円
  • 自慢のたこ・穴子の天婦羅うどんセット:1070円

他のメニュー

他のメニューとして、淡路牛焼牛丼、地穴子のまるごと天丼、淡路島丸ごと玉葱のビーフカレー、淡路牛ハンバーグカレー、淡路玉葱メンチカツカレー、プレーンカレー、お子様ランチなどがあります。

淡路牛焼牛丼は、淡路島の牛肉、玉ねぎ、お米を使用した焼肉の牛丼となります。肉や玉ねぎを焼きながら、生卵やご飯と一緒に牛丼スタイルで食べるメニューです。

地穴子のまるごと天丼は、アナゴの天ぷら丸ごと2本が盛られた丼です。身が厚くて脂の乗って弾力がある穴子はフワフワ食感で美味しいです。淡路島の地穴子は、名物で栄養抜群なヘルシーな食材です。

カレーは、淡路島玉ねぎをはじめ野菜をたっぷり煮込んだルーが使用されています。全てサラダ付きです。淡路島丸ごと玉葱のビーフカレーは、煮込んだ玉ねぎ1個がまるごとのせられています。

淡路牛ハンバーグカレーは、淡路牛100パーセントのハンバーグがのせられています。淡路玉葱メンチカツカレーは、淡路島玉ねぎを使用したメンチカツがのせられています。

  • 淡路牛焼牛丼:1480円
  • 地穴子のまるごと天丼:1320円
  • 淡路島丸ごと玉葱のビーフカレー:980円
  • 淡路牛ハンバーグカレー:1300円
  • 淡路玉葱メンチカツカレー:980円
  • プレーンカレー:820円
  • お子様ランチ:760円

レストランさくらのアクセス方法・行き方

レストランさくらがある北淡震災記念公園のアクセス方法・行き方は、移動手段が自動車のみとなります。神戸方面と徳島方面で、高速道路で最寄りのインターチェンジが異なります。

神戸方面からお越しの場合

神戸方面からお越しの場合、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道で淡路インターチェンジから下ります。出口の信号を右折して県道31号線を進みます。走行すること約20分で、北淡震災記念公園に到着します。

なお、駐車場は無料で約200台が収容できます。

徳島方面からお越しの場合

徳島方面からお越しの場合、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道でインターチェンジから下ります。海側の信号を右折して県道31号線を進みます。走行すること約10分で、北淡震災記念公園に到着します。

なお、駐車場は無料で約200台が収容できます。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました