早春の野鳥会 淡路島公園

自然・体験

早春の野鳥会が開催されます。淡路島北部の都市公園「淡路島公園」で、早春の美しい公園を散策しながらバードウォッチングを楽しむイベントです。季節毎に年4回の恒例の観察会となります。

早春の野鳥会では、メジロ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、オシドリなど多くの種類の野鳥を観察することができます。自然豊かな公園で、野鳥の写真撮影やイラスト模写なども可能です。

日本野鳥の会ひょうごの講師が、鳥に関する楽しいお話や知らない豆知識、生態などの解説をしながら案内します。初めての方でもお気軽に楽しく参加できるバードウォッチングとなります。

早春の野鳥会の開催日時は、2021年3月7日(日)の9時から12時までとなります。参加料金は無料です。事前申込制で定員は20名です。先着順で定員になり次第終了となります。

早春の野鳥会 淡路島公園

早春の野鳥会

2021年3月7日(日)の9時から12時まで、兵庫県淡路市にある淡路島公園で、早春の野鳥会が開催されます。早春の美しい公園を散策しながらバードウォッチングを楽しむイベントになります。

秋の野鳥会では、たくさんの野鳥を観察することができます。普段の日常で見ることができない貴重な鳥を観察したり、鳴き声を視聴したりしながら自然と動物の共生を感じる体験となります。

早春に観察された野鳥は、ウグイス、オシドリ、シジュウカラ、メジロ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤマガラ、キジ、ツバメ、ホオジロ、スズメなどとなります。

自然のままの公園で、野鳥の写真撮影やイラスト模写なども可能です。

野鳥会とは、春・夏・秋・冬の季節毎に年4回の恒例の観察会となります。1年を通じて多くの野鳥が観察できる公園で、初めての方でもお気軽に楽しく参加できます。参加料金は無料です。

集合場所は、淡路ハイウェイオアシスのオアシス館となります。明石海峡大橋を渡ってすぐです。淡路サービスエリアの上下線から連絡道路で結ばれています。往来は自由です。

持ち物は、動きやすい服装と歩きやすい靴です。また、双眼鏡と飲料水などは、各自で準備することになります。なお、事前申込で双眼鏡の貸し出し(若干数)があります。

日本野鳥の会ひょうごの講師が引率することになります。鳥に関する楽しいお話や知らない豆知識、生態などの解説をしてくれます。自然豊かな公園を歩きながら案内します。

園内に生息する鳥類のバードウォッチングは、初めての方も気軽に楽しく参加できるイベントです。なお、新型コロナ対策としてマスクの着用が必要となります。

申込方法

早春の野鳥会の申込方法は、電話とFAX、メールとなります。参加を希望される方は、名前、住所、電話番号、大人と子供の人数を、淡路島公園の管理事務所まで連絡することになります。

なお、募集期間は、2021年2月7日から3月6日までとなります。定員は20名で先着順となります。受付は、定員になり次第終了となります。

  • 募集期間:2021年2月7日~3月6日
  • 定員人数:20名(先着順)
  • 電話番号:0799-72-5377
  • FAX番号:0799-72-5378
  • メールアドレス:info_awajishima@hyogopark.com

詳細・基本情報

  • 開催日時:2021年3月7日(日)9:00~12:00(雨天中止)
  • 開催場所:兵庫県立淡路島公園
  • 集合場所:淡路ハイウェイオアシス オアシス館入口
  • 住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋大林2674-3
  • 電話:0799-72-5377(管理事務所)
  • 参加料金:無料
  • 持ち物:双眼鏡・飲料水
  • 公式サイト:https://awaji-kaikyopark.jp/
  • 駐車場:約500台(ハイウェイオアシス駐車場)
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約3分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました