2019年9月の淡路島おすすめスポット

観光まとめ

2019年9月の淡路島でおすすめスポットをまとめました。なお、2020年9月の淡路島でおすすめスポットのまとめについては「淡路島9月おすすめスポット2020」の記事をご参照ください。

2019淡路島ロングライド150

9月16日(月祝)に、淡路島で「2018淡路島ロングライド150」が開催されます。淡路島を一周する通称「アワイチ」のサイクリングイベントです。約150キロのコースを10時間以内に走破を目指します。

スタートとゴールは、淡路島国営明石海峡公園となります。最近の「アワイチ」人気から参加者が増加しており約2300名がチャレンジします。

淡路島の海や山の美しい自然を眺めながら、淡路島のグルメを楽しみながら、海岸沿いのなだらかなコースから山岳路の起伏の激しいコースまで、あらゆる自然を走破します。

伊弉諾神宮「三大神話神楽祭」

9月23日(月祝)の16時から20時まで、伊弉諾神宮で「第11回 神楽祭」が開催されます。

日本の三大神話として高千穂「日向神話」では天孫降臨を伝える歌舞、出雲「国譲り神話」ではスサノオノミコトの八岐大蛇退治の歌舞、淡路「国生み神話」ではイザナギとイザナミによる国生み伝承の歌舞が、神楽として披露されます。三大神話神楽祭は今年で11年目を迎えます。

淡路島くにうみ神話祭として観光資源の創出を目指します。9月21日(土)から23日(月祝)まで3日間、10時から対馬や壱岐など国生み神話にゆかりのある地方の物産を紹介するブースが並びます。9月22日(日)の10時から淡路伝統芸能祭として、淡路島の小中学生が和太鼓や吹奏楽などによる演奏が披露されます。

淡路ワールドパークONOKORO「オクトーバーフェスト」

9月13日(金)、14日(土)、15日(日)、16日(月祝)の4日間、淡路ワールドパークONOKOROで「オクトーバーフェスト」が開催されます。遊園地のテントハウスに特設ビアホールが登場します。

本場のドイツをはじめ日本のビールや、ウインナーをはじめ食事、歌や踊りやジャグリングショーなどを楽しむイベントです。オクトーバーフェストは、ドイツ発祥のビールの祭典として日本で人気となっています。

常盤観光ぶどう組合「ぶどう狩り」

8月下旬から9月下旬まで、淡路島淡路市にある常盤観光ぶどう組合で「ぶどう狩り」が開催されます。淡路島北部の標高150メートルとぶどう栽培に適した丘陵地で、格安の料金と良好なアクセスで人気です。

ベリーAやピオーネなど人気の品種が栽培されています。常盤観光ぶどう組合は、地元農家9軒で運営される農園の組織です。体験料金は大人1000円、小人(4歳~10歳)800円です。

栗脇農園「栗拾い」

9月上旬から10上旬月まで、淡路島の淡路市野島にある栗脇農園で「栗拾い」が開催されます。2品種で約400本の栗の木を栽培しています。栗の木には、茶色に色づき始めた「イガ」が実っています。

足元には、熟した大きな栗の実が落ちています。火ばさみや足を使って栗の実を取り出します。栗拾いでは、バケツの底を埋め尽くすくらいたくさんの大きな栗の実を集めることができます。

淡路島国営明石海峡公園「秋のカーニバル2019」

9月14日(土)から11月4日(月祝)まで、淡路島の都市公園である国営明石海峡公園で「秋のカーニバル2019」が開催されます。秋の花が咲く時期に合わせて土日祝に楽しいイベントが企画されます。

自然豊かな淡路島で、花と緑にふれる体験、文化の秋・スポーツの秋の体験、手作り体験など秋を感じる企画が満載です。コスモスの摘み取り体験や、ダリアのフラワーアレンジメントや花びら染めが楽しめます。

なお、9月16日(月祝)は、敬老の日で65歳以上が入場無料となります。10月27日(日)は、秋の都市緑化月間で全員が入場無料となります。

ニジゲンノモリ「ナイトウォーク火の鳥 オータムキャンペーン」

9月1日(日)から9月30日(月)まで、淡路島公園ニジゲンノモリにあるアトラクション「ナイトウォーク火の鳥」で、オータムキャンペーンが開催されます。

9月の1カ月だけ特別に、大人の利用料金が割引されるイベントとなります。秋の夜長に、自然の公園を歩きながら光と音で創造された「火の鳥」の神秘の世界を体験します。

中学生以上1人3300円が1人2500円となります。涼しくて過ごしやすい時期に、食欲の秋、スポーツの秋に並んで「火の鳥の秋」を満喫するキャンペーンです。

あわじ花さじき「サルビアが見頃」

8月上旬から10月下旬まで、淡路島の花の名所「あわじ花さじき」で、約8万本のサルビアが見頃となります。青いサルビア(ブルーサルビア)と赤いサルビアが花畑を彩ります。

ブルーサルビアは、1400平方メートルの花畑に約2.8万本が植えられています。赤いサルビアは、約2800平方メートルの花畑に約5.6万本が植えられています。赤と青のコントラストが美しいです。

花畑の周囲を見渡せば、空の青や海の青、山の緑に赤と青の花畑が映えて美しい情景となります。大パノラマの絶景です。

ハローキティスマイル「サマーフェスティバル」

7月20日(土)から9月30日(月)まで、淡路島のキティちゃんレストラン「ハローキティスマイル」で「夏休みサマーフェスティバル」が開催されます。子供と一緒に楽しめる夏祭りイベントです。

ヨーヨーすくい、マスコットすくい、絵付け体験、水遊びなど可愛い出店が登場します。キティちゃんの浮き輪にお面、キティちゃんのぬいぐるみとインスタ映えスポットでいっぱいです。

キティちゃんの夏祭りで縁日気分を堪能できます。入場料金が必要となり、大人1300円、子供(4歳から12歳まで)650円、3歳以下無料です。ギャラリーやシアターの料金も含まれます。

なお、スマイルレストランで食事を利用すると入場料金が全額キャッシュバックとなります。

ニジゲンノモリ「クレヨンしんちゃん夏の陣スプラッシュ」

7月13日(土)から9月30日(月)まで、淡路島公園のアニメパーク「ニジゲンノモリ」にあるクレヨンしんちゃんのアトラクション「アッパレ!戦国大冒険!」で「夏の陣スプラッシュ」が開催されます。

水鉄砲をくぐりながらアスレチックをクリアを目指します。四方八方から水鉄砲のスプラッシュを浴びます。頭上からも飛んできます。噴水ポイントもあります。バブル砲も登場します。

灼熱の太陽で火照ったカラダをクールダウンさせながらアスレチックを楽しめます。

奇跡の星の植物館「トロピカルフラワーショー2019」

7月13日(土)から9月29日(日)まで、淡路島にある温室「奇跡の星の植物館」で「トロピカルフラワーショー2019」が開催されます。在大阪インドネシア共和国総領事館の後援となります。

神々が宿る島「バリ」をイメージした花々で彩られる南国の花や水生植物に包まれた庭園が登場します。

100種1万株の色鮮やかなトロピカルフラワーがバリを再現します。鮮やかな色彩、心地よい水音、芳しい花香で演出される日本最大級の植物園で世界的リゾート地「バリ」に訪れた気分になります。

国民宿舎 慶野松原荘「引っ越し大名ロケ地タイアップ&コラボ企画」

8月1日(木)から9月30日(月)まで、淡路島のロケ地となった慶野松原から徒歩で数分の「国民宿舎 慶野松原荘」では、映画「引っ越し大名!」の「淡路島ロケパネル展」が開催されます。

8月30日に全国公開される映画「引っ越し大名!」で、ロケ地となった淡路島とタイアップ企画が開催されます。作品のティザービジュアルと瓜二つの淡路島のコラボポスターが製作されています。

9時から18時まで入場料金は無料です。会場で配布されるアンケートまたは映画半券をお持ちの方に限定で、映画タイアップオリジナル「たまねぎ袋(巾着)」がプレゼントされます。

うずしおクルーズ「秋の大潮」

9月から11月まで、鳴門海峡で発生する渦潮において、うずしおの旬となる「秋の大潮」のシーズンとなります。年間を通じて最も渦潮が大きくなる時期が「秋」いわれています。

「大潮」と呼ばれる期間は大迫力の渦潮が発生する確率が最も高くなります。秋の淡路島の楽しみ方に、秋の味覚狩りならぬ秋のうずしお狩りがあります。

道の駅福良から出港する「うずしおクルーズ」では、間近まで接近して大迫力の渦潮を体験できます。

パルシェ香りの館「センニチコウの摘み取り体験」

8月19日(月)から9月30日(月)まで、淡路島にある香りのテーマパーク「パルシェ香りの館」で「センニチコウ(千日紅)の摘み取り体験が開催されます。一人100円で20本となります。

敷地面積1000平方メートルの大農園で、約7000株のセンニチコウ(千日紅)が開花しています。赤色、白色、ピンク、紫色の4色で彩ります。赤色の花はイチゴが実っているように見えて人気です。

センニチコウ(千日紅)は、長期間にわたり色褪せずに咲き続けます。千日も紅色が続く花として「千日紅」と呼ばれています。1カ月以上続く長い開花時期に合わせて摘み取り体験を開催しています。

洲本市民広場「あわじ島ウォーク」

9月23日(月祝)の9時から12時まで、淡路島の洲本市民広場で「あわじ島ウォーク」が開催されます。淡路島洲本市で歴史情緒あふれる城下町を歩くウォーキングイベントになります。

2019年3月3日に第1回が行われて、今回は2回目となります。参加料金は大人500円、中学生以下は無料です。定員人数は先着200名、募集締切は9月17日(火)です。

洲本市民広場をスタート地点として、10キロコースと5キロコースの2つから選択できます。洲本レトロこみち、旧益習館庭園、大浜海水浴場、洲本城など洲本市の観光名所を歩きます。

慶野松原「AWAJI BEACH YOGA 2019」

9月14日(土)と28日(土)に、淡路島南あわじ市にある慶野松原海水浴場で「AWAJI BEACH YOGA 2019」が開催されます。初心者から楽しめるビーチヨガの人気イベントです。事前予約は不要です。

白砂と青松が広がる開放的なロケーションで、淡路島の自然を五感で感じられます。大きく呼吸をしながら、波の音を聞きながら、海風を感じながら、最高にリラックスできる環境でビーチヨガを体験できます。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました