夏の公園キャンペーン 淡路島の兵庫県淡路市の観光施設

スポンサーリンク

夏の公園キャンペーンが開催されます。淡路島の公園は、夏になるとヒマワリの花にコバルトブルーの海、スカイブルーの空とリゾート感いっぱいです。公園で楽しいイベントが目白押しとなります。

兵庫県淡路市にある花と緑の観光施設が連携してキャンペーンとなります。公園の花めぐり、テーマパークのアクティビティ、カフェレストランのグルメと北部を周遊しながら淡路島の夏を満喫できます。

夏の公園キャンペーンの開催期間は、7月13日(土)から9月1日(日)まで51日間となります。兵庫県公園緑地課の北淡路花緑ネットワーク会議が主催しています。

スポンサーリンク

夏の公園キャンペーンの基本情報

  • キャンペーン:夏の淡路島 公園へ行こう
  • 開催期間:7月13日(土)~9月1日(日)
  • 開催場所:兵庫県立淡路島公園「ニジゲンノモリ」、兵庫県立あわじ花さじき、淡路島国営明石海峡公園、奇跡の星の植物館、淡路夢舞台、淡路ハイウェイオアシス、兵庫県立淡路景観園芸学校
  • 企画:兵庫県

夏の公園キャンペーンの内容

7月13日(土)から9月1日(日)まで51日間、淡路島北部に位置する兵庫県淡路市の花と緑の7つの観光施設が連携して「夏の淡路島 公園へ行こう」キャンペーンが開催されます。

公園の花めぐり、テーマパークティビティ、カフェレストランのグルメと北部を周遊しながら淡路島の夏を満喫できます。兵庫県公園緑地課が企画したイベントで、北淡路花緑ネットワーク会議が主催です。

キャンペーンの参加施設は、兵庫県立淡路島公園 ニジゲンノモリ、あわじ花さじき、淡路島国営明石海峡公園、奇跡の星の植物館、淡路夢舞台、淡路ハイウェイオアシス、兵庫県立淡路景観園芸学校の7つです。

夏が訪れるとスカイブルーの空、コバルトブルーの海が美しく鮮やかです。淡路島の自然を体いっぱいで満喫できます。美しい自然に囲まれて、夏休みを満喫できる楽しいイベントが目白押しとなります。

ニジゲンノモリ

ニジゲンノモリは、淡路島公園で自然と二次元を融合させたアニメパークです。アニメ「クレヨンしんちゃん」、アニメ「ナルト NARUTO」、漫画「火の鳥」、絵本「こびとづかん」のテーマパークがあります。

アトラクションをはじめ、コラボグッズやコラボグルメなどで世界観を体験できます。その他、淡路島の食材を使ったレストラン、グランピング体験ができる宿泊施設があります。入場料と駐車場が無料です。

ニジゲンノモリの基本情報

  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425
  • 電話:0799-72-3161
  • 営業時間(各アトラクションにより異なります)
  • 入園料金:無料
  • アトラクション料金(各アトラクションにより異なります)
  • 定休日:冬季休業あり
  • 駐車場:無料:約500台(最寄り駐車場が異なります)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分

鬼灯の冷徹「リアル謎解きゲーム」

4月27日(土)から7月28日(日)までの土日祝限定で、淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」で「鬼灯の冷徹×リアル謎解きゲーム」の第二弾となる生前地獄巡り周遊脱出篇が開催されます。

アニメ「鬼灯の冷徹」の世界観を楽しみながらの謎解きゲームです。オリジナルの描き下ろしイラストをはじめ、オリジナルグッズ、コラボデザートドリンク、スマホ用ミニゲームが登場します。

クレヨンしんちゃん「夏の陣スプラッシュ」

7月13日(土)から9月30日(月)まで、淡路島公園のアニメパーク「ニジゲンノモリ」にあるクレヨンしんちゃんのアトラクション「アッパレ!戦国大冒険!」で夏の陣スプラッシュが開催されます。

四方八方から水鉄砲のスプラッシュを浴びます。頭上からも飛んできます。噴水ポイントもあります。バブル砲も登場します。灼熱の太陽で火照ったカラダをクールダウンさせながらアスレチックを楽しめます。

淡路島国営明石海峡公園

2000年開催の淡路花博ジャパンフローラ会場になった国営公園です。海辺の園遊空間をテーマに、東京ドーム約9個分の敷地に、四季折々の草花が楽しめたり、多彩なイベントが楽しめたり、関西最大級の複合遊具が楽しめたり、淡路島で非日常体験へ誘う国際的なリゾート感が溢れる拠点観光施設です。

淡路島国営明石海峡公園の基本情報

  • 住所:兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、中学生以下無料
  • 営業時間:4月~8月9:30~18:00、3月・9月・10月9:30~17:00、11月~2月9:30~16:30
  • 駐車場:有料500円(夢舞台地下駐車場600台、淡路口駐車場240台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分、東浦ICから車で約10分

わくわく昆虫フェスタ2018

7月13日(土)から9月1日(日)まで淡路島国営明石海峡公園で「わくわく昆虫フェスタ2019」が開催されます。世界のカブトムシやクワガタなど約40種類の昆虫を集めたイベントです。

夏休みに親子や家族で一緒に楽しめる毎年人気のイベントです。ヘラクレスオオカブトの展示をはじめ、公園の木の枝や葉っぱを使用した工作や自由研究の体験教室も行われます。

ひまわり18品種1万3000株

7月下旬から8月中旬まで、淡路島国営明石海峡公園で、ひまわりが咲きます。18品種約1万3000株のヒマワリが、黄色やオレンジ色、赤色や白色など色鮮やかに咲いています。

一重咲きから八重咲き、大輪からユニークな花型、一輪咲きから多輪咲きと多種多様です。大地の虹の南エリアで順次開花して、8月中旬に満開となります。

アオノリュウゼツランが開花

淡路島国営明石海峡公園で、アオノリュウゼツランが開花します。数十年の生涯の最後に一度だけ薄黄緑色の花を咲かせます。英語では「千年植物」です。高さ8メートルに成長して多くのつぼみが膨らんでいます。8月上旬まで花の谷で見頃となります。

奇跡の星の植物館

淡路夢舞台にある延床面積6700平方メートルで日本最大級の温室を誇る植物園です。約3千種3万株の多様な植物を展示しています。自然の美しさを五感で体感する展示、都市と自然との共生を提案する展示を行っています。芸術と緑花を融合させた感動空間を創造する実験型テーマパークです。

奇跡の星の植物館の基本情報

  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話:0799-74-1200
  • 入館料金:大人600円、シルバー300円、幼児小中高無料
  • 特別展:大人1500円、シルバー750円、幼児小中高無料(9月~11月、1月~3月)
  • 営業時間:10:00~18:00(最終受付17:30)※8月12月開館延長日あり
  • 駐車場:有料500円(普通車600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分、東浦ICから車で約10分

バリフラワーショー2019

7月13日(土)から9月29日(日)まで、奇跡の星の植物館で「トロピカルフラワーショー2019」が開催されます。世界的リゾート地バリをイメージした花々で彩られる南国の庭園が登場します。

100種1万株の色鮮やかなトロピカルフラワーでバリを再現します。鮮やかな色彩、心地よい水音、芳ばしい花香でエスニックを満喫できます。石像などオリエンタルな世界観を堪能できます。

あわじ花さじき

淡路島北中部の高原で、東京ドーム約3個分の敷地に花畑が広がる関西屈指の花の公園です。年間で約250万株の花を植えています。1998年に開園、2015年に淡路花博2015が開催されました。頭上は360度の青空、足元は一面の花じゅうたん、眼前は大阪湾と大パノラマの絶景が楽しめます。

あわじ花さじきの基本情報

  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4
  • 電話:0799-74-6426
  • 入園料金:無料
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 休園日:年末年始
  • 駐車場:無料(普通車200台、大型車10台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約12分

淡路ハイウェイオアシス

淡路サービスエリアに連結している兵庫県立淡路島公園にある複合施設です。メインは大きなアトリウム空間が広がるオアシス館です。最近注目されている「淡路島たまねぎスープ」を無料で試飲できるスープスタンドがあります。1階には、淡路島最大級の物産展、開放感あふれるカフェオアシス、フードコードうまいもん市場、2階に淡路牛丼が味わえる食事処みけ家、鱧や赤雲丹が味わえるすし富があります。

淡路ハイウェイオアシスの基本情報

  • 住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋大林2674?3
  • 電話:0799-72-0220
  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:無休
  • 駐車場:無料(560台)
  • アクセス:明石海峡大橋を渡ってすぐ淡路サービスエリア上下とも連絡道路で連結

BBQビアガーデン

7月20日(土)から9月1日(日)の17時から19時まで、淡路島の淡路ハイウェイオアシスにあるBBQハウス「モスタージ」でBBQビアガーデンが開催されます。2時間制で4名様以上となります。

淡路牛100グラムと、鶏肉・豚肉、ソーセージ、野菜、サラダ、ご飯、デザートなどが食べ放題です。あわぢびーる6種、アサヒビール、ハウスワイン、焼酎、日本酒、ソフトドリンクなどが飲み放題です。

淡路夢舞台

淡路島北東部にある建築家・安藤忠雄氏が設計した複合文化リゾート施設です。緑に包まれた「国際会議場」、ウェスティンホテル淡路、日本最大級の温室「奇跡の星の植物館」、野外劇場、レストラン、ショップ、階段状花壇が並ぶ「百段苑」、円形や楕円で造形美の「展望テラス」などで構成されます。

淡路夢舞台の基本情報

  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台1
  • 電話:0799-74-1000
  • 入場料金:無料(奇跡の星の植物館は入館料)
  • 営業時間:各施設で異なります。
  • 駐車場:有料500円(普通車600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分、東浦ICから車で約10分

ティンガティンガアート展

7月20日(日)から8月18日(日)まで、淡路夢舞台の展望テラス2階にある淡路夢工房で、ティンガティンガアート展が開催されます。ティンガティンガペインターのマイケル・レヘムさんが登場します。

1960年代にタンザニアで誕生した絵画スタイルです。ポップアートの手法を用いたアフリカらしい鮮やかな色彩と自由な作風が特徴となっています。入場は無料です。週末はライブペイントが開催されます。

夏グルメ「鱧フェア」

7月20日(土)から9月1日(日)まで、淡路夢舞台のテラスレストランで、夏グルメ「鱧フェア」が開催されます。夏を元気に過ごすために、淡路島の食材を使った夏グルメのキャンペーンです。

古来より御食国として食の宝庫とされてきた淡路島の夏の旬の食材「鱧」を使用した夏グルメとお子様グルメのメニューが提供されます。期間中に利用された先着1200名様に素敵な特典があります。

兵庫県立淡路景観園芸学校

アルファガーデンには、約1000種類を超える樹木や草花が植栽されています。調査研究や教育のための庭園やカフェテリアを一般の方にも開放されており、自由に散策することができます。ガーデニングやまちづくりのヒントが盛りだくさんです。

兵庫県立淡路景観園芸学校の基本情報

  • 住所:〒656-1726 淡路市野島常盤954-2
  • 電話:0799-82-3455
  • 入園料:無料
  • 駐車場:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で15分

夏の公園キャンペーン周辺の観光施設

公園へ行こう夏のキャンペーンが開催される淡路市北部にある7つの花と緑の観光施設の周辺の観光施設は以下の通りとなります。

ハローキティスマイルは、淡路島北西海岸にあるキティちゃんのレストランです。巨大なキティちゃんの頭の形をした建物が目印です。レストランとショップ、ギャラリー&シアターの複合施設となります。

レストランではフュージョン料理、オリエンタル料理、シーフードバーベキュー、ハイティーが提供されます。シアターではキティちゃんの夢の世界が体験できます。ショップでは大人アイテムが販売されます。

のじまスコーラは、廃校の小学校をリノベーションした観光施設です。淡路島北西部の高台で、瀬戸内海の美しい景色を一望できます。小さな動物園は、キスするアルパカが人気となり注目されています。

カフェやレストランでは、世界的に有名な奥田政行シェフのサポートで淡路島の食材を使った美味しい料理が登場します。淡路島の米粉を使った自家製パン、淡路島の野菜や名産などのお土産で人気です。

クラフトサーカスは、インスタ映えスポットとして人気の観光施設です。オーシャンビューのウッドテラスで淡路島の美味しい料理が提供されます。ドッグテラスでワンちゃんと楽しくカフェを楽しめます。

南欧風の建物、噴水、パラソル、モニュメント、ベンチなどオシャレアイテムでリゾート感が満載です。世界各国の伝統工芸品や雑貨を販売する国際蚤の市や、日本の伝統工芸品やワークショップなどがあります。

この他、淡路島は、自然が豊富で、食材の宝庫で、歴史ある観光地です。世界一の吊り橋「明石海峡大橋」、世界一の渦潮「鳴門の渦潮」、日本最古の神社「伊弉諾神宮」、遊園地「ONOKORO」があります。

日本最大数のコアラ「イングランドの丘」瀬戸内海随一の白砂青松「慶野松原海水浴場」、西日本最大級の水軍の城「洲本城」、日本三大鳥居「おのころ島神社」があります。おすすめスポットをまとめました。

淡路島のイベント
スポンサーリンク
記事をシェアする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!