淡路島 降雪1月(睦月)おすすめ観光スポットまとめ2018

淡路島観光で最新の週間イベント情報

淡路島で降雪の1月(睦月)におすすめの観光スポットをまとめました。

奇跡の星の植物館「淡路夢舞台ラン展2018」

淡路夢舞台の奇跡の星の植物館で1月20日(土)から、特別展「淡路夢舞台ラン展2018」が開催されます。日本最大級の温室で2000種2万株のランの花が咲き、ランの魅力を五感で体感できる西日本最大規模のラン展になります。テーマは明治維新・文明開化150年を記念して「公爵の華麗なる蘭のある暮らし」となっており、大隈重信が晩餐会を行ったとされる蘭温室を再現しています。恒例の「変顔ラン大集合」「色、形、香りのラン展」等も開催しています。

淡路夢舞台ラン展2018の詳細情報

  • 開催期間:1月20日(土)~3月4日(日)
  • 開館時間:10:00~18:00(最終受付17:30)
  • 開催場所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200
  • 期間中無休:期間前1月15日(月)~19日(金)準備休館
  • 特別入館料:大人1500円、シルバー750円、高校生以下無料
  • HP:奇跡の星の植物館
  • 駐車場:ウェスティンホテル淡路駐車場500円(600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道の淡路ICから車で5分
  • 参考記事:奇跡の星の植物館「淡路夢舞台ラン展2018」

あわじ花さじき「約20万本の早春菜の花まつり」

兵庫県立あわじ花さじきで、1月6日から「早春菜の花まつり」が開催されています。園内の「共生の花園」で早咲きの菜の花約20万本が見頃を迎えています。丘陵地の一面に咲き誇る早咲きの菜の花が「黄色いジュウタン」となって、明石海峡や大阪湾を背景に花の大パノラマが広がっています。大空の清々しい青と大阪湾の穏やかな青と、一面に咲き誇る早咲き菜の花の黄が美しいコントラストを描いています。まさに空と海の青に浮かぶ天空の花園といえるでしょう。

早春菜の花まつりの詳細情報

  • 開催期間:2018年1月6日(土)~3月20日(火)
  • 開催場所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4
  • 開園時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
  • 入園料金:無料
  • HP:あわじ花さじき
  • 駐車場:無料(普通車130台)
  • 電話番号:0799-74-6426
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約12分
  • 参考記事:あわじ花さじき「約20万本の早春菜の花まつり」

淡路島国営明石海峡公園「約6000球のアイスチューリップ」

現在宇宙をテーマにしたイベント「「きみもみらいの宇宙博士になれる」」を開催中の淡路島国営明石海峡公園で、「アイスチューリップ」が見頃を迎えています。淡路口入場ゲートを入ると10品種6000球の鉢に植えられた色鮮やかなチューリップがお出迎えしてくれます。1月中旬から2月中旬まで楽しめます。また、「季節のクラフトあそび」冬編として「おひなさまづくり」が開催されます。公園の管理作業から取れる植物をリユースする地球に優しいエコプログラムとなります。松ぼっくりなどの植物に好きな色を塗って飾りを付ける自然素材を使った自分オリジナルのおひなさまを作るクラフト体験となります。

淡路島国営明石海峡公園の詳細情報

洲本市民広場「約9000球の冬咲きチューリップショー」

淡路島洲本市民広場で、1月13日(土)から「冬咲きチューリップショー」が開催されています。チューリップをたくさん咲かせて「花の島」淡路島をPRしようと2005年から毎年開いています。今年は、4品種9000球のチューリップが鉢に植えられて展示されます。色とりどりのチューリップが鮮やかに開花して淡路島でに一足早い春を感じることができます。また、会場にはドラゴンクエスト(ドラクエ)の生みの親の堀井雄二さんの故郷としてドラゴンクエスト誕生30周年記念碑の銅像が建立されています。聖地巡礼や撮影スポット、パワースポットとして注目されています。

冬咲きチューリップショーの詳細情報

  • 開催期間:1月13日(土)~2月中旬
  • 開催場所:洲本市民広場(洲本市塩屋1丁目)
  • 電話番号:0799-24-2001(一般財団法人淡路島くにうみ協会)
  • 入場無料、期間無休
  • HP:淡路島くにうみ協会
  • 駐車場:イオン洲本店、洲本BC前、エディオン洲本店の駐車場
  • 駐車料金:最初1時間無料。以降1時間100円加算
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約15分
  • 参考記事:淡路島洲本市「冬咲きチューリップショー」

灘黒岩水仙郷「約500万本の日本水仙(ニホンスイセン)」

淡路島南あわじ市の灘黒岩水仙郷は、12月27日(水)から開園しております。淡路島南端中央にあり、山から海に向けて45度の斜面一帯約7ヘクタールに約500万本がスイセンが植えられており、「淡路島の冬の風物詩」となっています。越前海岸(福井県)、房総半島(千葉県)と並び「スイセンの日本三大自生地」とされています。展望台からは水仙のレモンイエローと空のスカイブルーと海のディープブルーが絶妙のコントラストとなり絶景を生み出しています。

約500万本の日本水仙(ニホンスイセン)の詳細情報

  • 開催期間:2017年12月27日(水)~2018年2月下旬
  • 開催場所:〒656-0551 兵庫県南あわじ市灘黒岩2
  • 開園時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
  • 入園料金:大人500円、小人300円(小中学生)
  • HP:灘黒岩水仙郷(南あわじ市役所)
  • 駐車料金:50台(無料第1駐車場)
    60台(倉川臨時駐車場)
    50台(黒岩臨時駐車場)
    150台(土生港臨時駐車場)
  • 電話番号:0799-56-0720
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約45分、陸の港西淡ICから車で約30分
  • 参考記事:灘黒岩水仙郷 500万本のニホンスイセン

淡路夢舞台の展望テラスレストラン「ラン展&ランチ」

淡路夢舞台の奇跡の星の植物館で開催されている西日本最大規模の「淡路夢舞台ラン展2018」に合わせて、淡路夢舞台の展望テラスにある中華料理の「広東料理 亀虎」、ハンバーグ料理「ハッピーハンバーグ」、海鮮料理「海鮮料理きとら」のレストラン3店舗で「ラン展&ランチ」が開催されています。中華、ハンバーグ、海鮮という3つの料理でそれぞれ豪華なランチメニューを2000円で提供しています。さらに「淡路夢舞台ラン展2018」に使用できる割引券150円券がプレゼントされます。

ラン展&ランチの詳細情報

  • 開催期間:1月20日(土)~3月4日(日)
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 参加店舗電話番号
    広東料理 亀虎:0799-74-2881
    ハッピーハンバーグ:0799-74-6345
    海鮮料理きとら:0799-74-5650
  • HP:淡路夢舞台
  • 入場料金:無料(奇跡の星の植物館:有料)
  • 駐車場:普通車600台(普通車:500円)夢舞台地下駐車場
  • アクセス:神戸淡路鳴門道の淡路ICから車で5分
  • 参考記事:淡路夢舞台「ラン展&ランチ」展望テラスレストラン3店舗

ごちそう館 御食国「すもと海の幸フェア」

淡路島洲本市の大型レストラン「ごちそう館 御食国(みけつくに)」で1月15日(月)から「すもと海の幸フェア 」を開催しています。脂がのったサワラ、貴重な天然わかめ、ちりめん山椒、手作りの海苔の佃煮と洲本市3漁協の特産品が合体した期間限定の特別メニュー「すもと海の幸丼」(セット1650円)が登場します。また、ご注文のお客様先着200名様に洲本市の海産物が無料プレゼントされます。

すもと海の幸フェアの詳細情報

  • 開催期間:1月15日(月)11:30~2月15日(木)
  • 開催場所:〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1-1-8
  • 電話番号:0799-26-1133
  • 営業時間:10:00~20:00(店舗全体)
    レストラン
    ランチタイム:11:30~14:30
    ディナータイム:17:00~20:00
    特産品店:10:00~20:00
  • 休業日:毎週水曜日
  • HP:淡路ごちそう館 御食国
  • 駐車場:洲本バスセンター前駐車場(約450台)をご利用ください。
  • 駐車料金:最初1時間無料。以降1時間100円加算
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約15分
  • 参考記事:ごちそう館 御食国「すもと海の幸フェア」

淡路島国営明石海峡公園「きみもみらいの宇宙博士になれる」

淡路島国営明石海峡公園で1月20日(土)から、「きみもみらいの宇宙博士になれる」が開催されます。ロケットや探査機や衛星などの模型の展示、宇宙飛行士が着用するブルースーツの試着、レゴロボットの操作体験、ミニロケットの手作り体験、ロケット打ち上げビデオ上映による音響体験、JAXAオリジナルグッズの販売などイベントが多数用意されています。また、開催期間は「淡路口駐車場無料キャンペーン」として駐車場(普通車通常500円)が無料となります。

きみもみらいの宇宙博士になれるの詳細情報

  • 開催場所:淡路島国営明石海峡公園
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話番号:0799-72-2000
  • 開催期間:1月20(土)~2月25日(日)
    (※2月5日6日は休園となります)
  • 開催時間:9:30~16:30(最終入園15:30)
  • 入園料金:大人410円、シルバー210円、小人80円
  • HP:淡路島国営明石海峡公園
  • 駐車料金:期間中淡路口駐車場無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分
  • 参考記事:淡路島国営明石海峡公園「きみもみらいの宇宙博士になれる」

淡路夢舞台「花と光のページェント2017」

淡路夢舞台の屋外で「花と光のページェント2017」が開催されています。建築家の安藤忠雄さんが設計した淡路夢舞台が誇る巨大な建築空間が壮大な光のアート作品となります。また、広大な夢舞台エリアが水面、植樹、壁面など様々な角度から光によってライトアップされて、特別イルミネーションにより彩り豊かに夜の夢舞台と化します。美しい光の巨大オブジェの数々、巨大動物トピアリー「光の動物園」、生命の輝きをイメージした「スパイラルライト」、赤・青・白の樹形イルミネーションによる「ギャラクシーウェイ」、巨大影絵で遊ぶ「Shadow Bouquet」など、淡路夢舞台で繰り広げられる光と花の供宴が楽しめます。

花と光のページェント2017の詳細情報

  • 開催期間:2017年11月25日(土)~2018年02月18日(日)
  • 開催時間:16:00~22:00
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200(奇跡の星の植物館)
  • 入場料金:無料(奇跡の星の植物館:有料)
  • HP:淡路夢舞台
  • 駐車場:普通車600台(普通車:500円)夢舞台地下駐車場
  • アクセス:神戸淡路鳴門道の淡路ICから車で5分
  • 参考記事:淡路夢舞台「花と光のページェント2017」

北淡震災記念公園「阪神淡路・東日本大震災写真展「復興へあゆむ」」

北淡震災記念公園で2018年1月17日で阪神淡路大震災から23年となる1月15日(月)から、写真展「阪神淡路大震災、東日本大震災写真展「復興へあゆむ」」が開催されています。二つの大災害の発生直後と最近の様子との比較写真、被災地の爪痕と復興への歩みが伝わる報道写真、当日夕刊や臨時淡路版全24号などを展示。この他、震源に最も近い野島断層のズレを140mにわたり展示していたり、震度7の縦揺れと横揺れの違いを体験できたり、震災シアターで震災と防災の映像をご覧いただけます。

阪神淡路・東日本大震災写真展「復興へあゆむ」の詳細情報

うずしおクルーズ「カモメクルーズ」

道の駅福良にあるうずしおクルーズでは、冬季限定で「カモメクルーズ」を実施しております。この時期だけしかやってこない百羽を超えるカモメは、淡路島の福良港を出航して鳴門の渦潮を目指す観潮船の横を並走してくれます。鳴門海峡までのクルージングの時間をカモメとふれあいながら過ごせるという貴重な体験ができます。100円で餌やり体験も可能です。また、2月まで乗船のお客様に寒さ対策としてカイロがプレゼントされます。

うずしおクルーズの詳細情報

  • 開催場所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話番号:0799-52-0054
  • うずしおクルーズ料金:大人2000円、子供(小学生)1000円
  • HP:うずしおクルーズ
  • 駐車料金:無料(100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約30分、陸の港西淡ICから車で約15分

カモメクルーズの詳細情報

冬場だけ、百羽を超える野生のカモメとふれあいながらうずしおクルーズを楽しめます。カモメの餌やり(100円)も楽しめます。

error:Content is protected !!