淡路島 春分3月(弥生)観光おすすめスポットまとめ2018

淡路島で春分の3月(弥生)におすすめの観光スポットをまとめました。

目次

明石海峡公園「春のカーニバル」

3月17日(土)から5月20日(日)まで、淡路島国営明石海峡公園で、春のフラワーリレーに合わせて「春のカーニバル」が開催されます。自然豊かな淡路島がお花いっぱいになる「公園島淡路」を象徴するメインイベントです。いよいよ同公園のメインの花と言っても過言ではない自慢の250品種、20万株を超えるチューリップが春に登場します。日本最大級となる立体花壇を色とりどりのチューリップが虹色に染め上げます。オランダ王国大使館が後援する大型イベントでもあります。今後、春のフラワーリレーでは、3月上旬に見頃を迎える河津桜、ミモザ、クリスマスローズ、3月中旬に見頃を迎える西洋スイセン、4月に見頃を迎えるチューリップやアネモネ、ネモフィラ、リビングストンデージー、5月に見頃を迎えるシャーレーポピーなど色とりどりの花がリレーをしながら見頃を迎えて入れ替わり開花していきます。

春のカーニバルの詳細情報

  • 開催期間:3月17日(土)~5月20日(日)
  • 開催場所:淡路島国営明石海峡公園
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話番号:0799-72-2000
  • 開園時間:9:30~16:30(最終入園15:30)
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、中学生以下無料
  • HP:淡路島国営明石海峡公園
  • 駐車料金:500円(普通車600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分
  • 詳細記事:淡路島国営明石海峡大橋「春のカーニバル」

道の駅福良「淡路島ワンダーランド2018春」

3月17日(土)から4月8日(日)まで、道の駅福良うずしおクルーズで、「淡路島ワンダーランド2018春」が開催されます。世界一のうずしお「鳴門の渦潮」を体感する観潮船「うずしおクルーズ」が小学生以下乗船無料となります。キッズアドベンチャーとして、うずしおクルーズに乗船してキーワードを探す双眼鏡ウォッチと、道の駅福良周辺で宝(スタンプ)を集める「スタンプラリー」があります。キッズ海賊団として、停泊するクルーズ船で操舵室見学や機関室見学や国際信号機作りが体験できる船員体験と、安全ベルトを装着してバウスプリットを進んでクルーズ船の最先端を目指すバウスプリット体験ができます。キッズアーティストとして、大きなボードに自由にらくがきできるらくがきアートボード体験と、ブロックを使って自由に好きな物を組み立てるブロックアートボード体験ができます。

淡路島ワンダーランド2018春の詳細情報

  • 開催期間:3月17日(土)~4月8日(日)
  • 開催場所:道の駅福良うずしおクルーズ
  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054
  • 乗船料金:大人(中学生以上)2000円、子供(小学生以下)無料
  • 出港時刻:渦潮の発生時刻により日ごとに異なります。
  • HP:うずしおクルーズ
  • 駐車料金:無料(100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約30分、陸の港西淡ICから車で約15分
  • 詳細記事:道の駅福良うずしおクルーズ「淡路島ワンダーランド」

淡路ワールドパークONOKORO「スーパーカーフェスティバル」

3月18日(日)に淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)で、世界の有名な高級車が勢ぞろいして展示される「スーパーカーフェスティバル」が開催されます。フェラーリをはじめ、ランボルギーニ、マセラティなど今や世界に名立たるブランドとなっているスーパーカーが約10台登場します。また「ミニチュアワールド」で、スマホのアプリを使って、インスタ映えするおもしろ合成画像が撮影できると評判を呼んでいます。入園ゲートすぐの撮影BOXで好きなポーズを撮ってから、広い庭園で精巧に再現した縮小サイズの世界の建築物を巡ります。好きな構図で撮影してから拡大縮小回転など自由自在に合成できます。その他、全長45mをソリで滑る芝すべり、高さ60mの大観覧車、全長700mのゴーカート、メリーゴーランド、コーヒーカップなど10を超えるアトラクションがあります。

スーパーカーフェスティバルの詳細情報

  • 開催日時:3月18日(日)11:30~15:00
  • 開催場所:淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)
  • 開催住所:〒656-2142 兵庫県淡路市塩田新島8-5
  • 開園時間
  • 平日:10:00~17:00(10月~2月)
  • 土日祝:9:30~17:00(10月~2月)
  • 電話番号:0799-62-1192
  • 入園料金:大人(中学生以上)1200円、子供(4歳~小学生)600円
  • HP:淡路ワールドパークONOKORO(おのころ)
  • 駐車料金:無料(約1000台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名ICから車で約15分
  • アトラクション料金:アトラクションにより異なります。HPでご確認ください。
  • 詳細記事:淡路ワールドパークONOKORO「スーパーカーフェスティバル」

美菜恋来屋「食のブランド淡路島 スプリングメッセ2018」

3月17日(土)と18日(日)に、農畜水産物直販所 美菜恋来屋(みなこいこいや)の芝生広場で、「食のブランド淡路島 スプリングメッセ2018」が開催されます。淡路島の新鮮な食材を使った料理を提供する飲食ブースと、淡路島の新鮮な食材と加工品を販売する物販ブースが合計20店舗が出店します。淡路牛、淡路島玉ねぎ、淡路米、淡路島玉子、なるとオレンジを使った料理や製品をはじめ、淡路ビーフ、淡路島牛乳、島スイーツなどが登場します。また、隣接する淡路ファームパーク イングランドの丘とコラボレーションして、園内で宝探しゲームが行われます。この他、淡路島の食の振る舞いサービスとして、淡路島サクラマスの無料振る舞い、淡路ビーフの無料振る舞いが行われます。その他、淡路島に関するアンケートにご協力いただいた先着100名様に、オリジナルグッズがプレゼントされます。

スプリングメッセ2018の詳細情報

淡路島南あわじ市福良「にんぎゃか福良んど2018」

3月17日(土)の10時から16時まで、南あわじ市福良のJAあわじ島福良支所で、福良下町商店街まち歩きイベント「にんぎゃか福良んど(ふくランド)」が開催されます。アニマル、アクアリウム、アドベンチャー、グルメの4エリアが登場します。アニマルエリアでは、ペンギンとツーショット体験、ミニホースのエサやり体験、ふれあいミニ動物園などがあります。アクアリウムエリアでは釣り堀体験ができます。アドベンチャーエリアでは10m級のふわふわ遊具が登場します。グルメエリアでは淡路島の味自慢15店舗が登場します。この他、ストリートライブが催されます。また、3月17日(土)は同日開催イベントとして、道の駅福良「淡路島 島びらき」、うずしおクルーズ「淡路島ワンダーランド2018春」、淡路人形座の駐車場会場「フリーマーケット」、じゃのひれアウトドアリゾート「サクラマス釣り体験」と、道の駅福良周辺でイベントが多数開催されており「まち歩き」が楽しめそうです。

にんぎゃか福良んど2018の詳細情報

  • 開催日時:3月17日(土)10:00~16:00(グルメエリア15:00まで)
  • 開催場所:JAあわじ島福良支所
  • 開催住所:656-0502 南あわじ市福良乙63
  • お問合せ:0799-42-4721(南あわじ市商工会)
  • HP:にんぎゃか福良んど2018
  • 駐車場:南あわじ市福良甲1330(福良八幡神社前)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約15分、洲本ICから車で約25分
  • 詳細記事:淡路島福良「にんぎゃか福良んど2018」

イングランドの丘「オニオンパラダイス2018」

3月21日(水祝)から3月31日(土)まで、淡路ファームパーク イングランドの丘で、「オニオンパラダイス2018」が開催されます。玉ねぎの皮向き競争、宝探し、クイズラリー、収穫体験など玉ねぎイベント満載です。また、豪華ステージショーでは日替わりで、やしろ優さんをはじめ、不二家「ペコちゃん&ポコちゃん」、クッピーラムネ「クッピー&ラム」、うまい棒「うまえもん」、大道芸人ヨッシーさんなどが登場して、FM徳島さんのラジオ公開収録なども行われます。また、各レストランでは春メニューを提供しています。子供たちが考えた淡路島バーガーや、新ご当地グルメ淡路島サクラマス料理などが数量限定で登場します。お花見頃情報では、3月下旬~4月上旬までは1万球のチューリップが、4月中旬から下旬までは園内最大のお花畑に10万本のネモフィラが見頃になります。

オニオンパラダイス2018の詳細情報

  • 開催期間:3月21日(土)~3月31日(日)
  • 開催場所:淡路ファームパーク イングランドの丘
  • 開催住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • 電話番号:0799-43-2626
  • 開園時間:9:00~17:00(3月~11月)
  • 入園料金:大人800円、子供400円、3歳以下無料
  • HP:淡路ファームパーク イングランドの丘
  • 駐車料金:無料(1500台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約15分
  • アトラクション料金:アトラクションにより異なります。
  • 詳細記事:イングランドの丘「オニオンパラダイス2018」

淡路人形座「源平合戦の名作 須磨浦組討の段」

3月19日(月)から21日(祝水)まで3日間11時10分から、淡路人形座で、淡路人形浄瑠璃「一谷嫩軍記 須磨浦組討の段」が上演されます。平清盛亡き後の源平の合戦を描いた名作の一つです。一の谷の合戦で敗れて西国に落ち延びる平家にあって弱冠16歳の若き武将の平敦盛、若者を討ち取る無情を感じて武士を捨て僧侶となる源氏の武士の熊谷直実、二人の悲劇の物語です。淡路人形浄瑠璃は、3人遣いの人形、義太夫、太棹三味線で演じられる人形芝居のことです。人情の機微を謳い、哀歓の人間模様を描き、世界で最も人形劇を舞台芸術として発展させてきました。時代物が得意とされており、早替りや道具返し、衣装山など淡路島独特の演出や演技もあり、舞台は華やかです。古典芸能を継承するために、何世代もの人々の創意工夫が重ねられ、受け継がれた舞台芸術の粋を是非ご覧下さい。

源平合戦の名作 須磨浦組討の段の詳細情報

  • 公演日時:3月19日(月)~21日(祝水)11:10~
  • 公演場所:淡路人形座
  • 公演住所:〒656-0501 南あわじ市福良甲1528-1地先
  • 電話番号:0799-52-0260
  • 入場料金:大人1500円、中学生1300円、小学生1000円、幼児300円
  • HP:淡路人形座
  • 駐車場:道の駅福良駐車場(無料)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原IC、淡路島南ICから車で約15分
  • 詳細記事:淡路人形座「源平合戦の名作 須磨浦組討の段」

淡路島南あわじ市八木「しだれ梅(樹齢60年、高さ8m、幅12m)」

淡路島で梅といえば「八木のしだれ梅」ですが、見頃を迎えています。樹齢60年を優に超える古樹で、高さ8m、幅12m超、幹周り2m弱で、淡路島の筆頭であろう荘厳な1本の枝垂れ梅(しだれ梅)です。村上さんの個人宅に植えられている梅ですが、開花時期だけオープンガーデンとして一般公開しています。枝の一本一本に隙間なく梅花が咲き乱れる姿は圧巻です。艶やかな薄紅色の花々が咲き誇り見事に佇んでいます。まるで天から薄紅色のしずくがこぼれ落ちるかのような梅の花と甘い香が幻想的な美観が魅了させてくれます。梅の花の真下まで近寄ると、まるで花のシャワーを浴びているような、インスタ映えする至極の1枚が撮れそうです。淡路島では初春の風物詩、花の名所として定着しており、最近では全国各地から観光客が集まっています。

八木の枝垂れ梅(しだれ梅)の詳細情報

  • 住所:〒656-0445 兵庫県南あわじ市八木馬回219(村上邸:個人宅)
  • 電話:0799-52-2336(南あわじ観光案内所)
  • 時間:開花期間中は見学自由(オープンガーデン)
  • 休日:開花期間中は見学自由(オープンガーデン)
  • ライトアップ:日没から午後9時まで(見頃シーズンのみ)
  • 入園料:大人200円、高校生以下無料(施設管理料)
  • 施設:特産品売店(甘酒・土産物)、休憩用ベンチ、簡易トイレ
  • 駐車場:無料(約30台)
  • アクセス: 神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約25分、西淡三原ICから車で約20分
  • しだれ梅の開花期間:目安(2月下旬~3月上旬の20日間程度)
  • 詳細記事:淡路島南あわじ市八木「村上邸のしだれ梅」

奇跡の星の植物館「花見の庭園2018」淡路夢舞台

淡路夢舞台の奇跡の星の植物館で、3月10日(土)から4月15日(日)まで、「春爛漫 花見の庭2018~浮世絵に見る花見~」が開催されます。日本の花文化を象徴する花見をテーマにした花見の和風庭園です。今年は「町方花見」にスポットを当て、花見を楽しみ、園芸を楽しむ江戸庶民の暮らしを浮世絵から紐解き、今昔の庶民の花見を「伝統とモダンの調和」で演出します。楊貴妃、ソメイヨシノ(染井吉野)、河津桜(カワズザクラ)、オカメザクラ、紅枝垂(ベニシダレ)など桜と、ユキヤナギ(雪柳)、コデマリ(小手毬)など春の花木、プリムラマラコイデス桜草の仲間、ストックなど100種2万株の春の植物で彩る和の庭が、花見小袖をイメージして琳派風にデザインされます。この他、モダニズムと伝統園芸展、浮世絵で見る花見と花見弁当箱展、コラボスイーツなどが企画されています。

春爛漫 花見の庭2018の詳細情報

  • 開催期間:3月10日(土)~4月15日(日)
  • 開館時間:10:00~18:00(最終受付17:30)
  • 開催場所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200
  • 期間中無休:期間前3月5日(月)~3月6日(火)休館
  • 特別入館料:大人600円、シルバー300円、高校生以下無料
  • HP:奇跡の星の植物館
  • 駐車場:ウェスティンホテル淡路駐車場500円(600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の淡路ICから車で5分
  • 詳細記事:奇跡の星の植物館「春爛漫 花見の庭2018」

あわじ花さじき「早春菜の花まつり」春に約100万本

兵庫県立あわじ花さじきで、「早春菜の花まつり」が開催されています。園内の「共生の花園」で早咲きの菜の花約20万本が見頃を迎えています。丘陵地の一面に咲き誇る早咲きの菜の花が「黄色いジュウタン」となって、明石海峡や大阪湾を背景に花の大パノラマが広がっています。大空の清々しい青と大阪湾の穏やかな青と、一面に咲き誇る早咲き菜の花の黄が美しいコントラストを描いています。まさに空と海の青に浮かぶ天空の花園といえるでしょう。3月に入ると菜の花約30万本がこれに加わります。そして、春には他エリアも含めて約100万本が開花する予定です。ムラサキハナナも開花し始めて、芽生えてきた花たちで春を彩り始めます。「天空の花壇」では、ピンクや赤、黄色、紫などで流星の模様を描くように植えられた約1万本のストックが咲き誇り色づくと同時に良い香りを放っています。

早春菜の花まつり(春に約100万本)の詳細情報

  • 開催期間:2018年1月6日(土)~3月20日(火)
  • 開催場所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4
  • 開園時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
  • 入園料金:無料
  • 駐車場:無料(普通車130台)
  • 電話番号:0799-74-6426
  • HP:あわじ花さじき
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約12分
  • 詳細記事:あわじ花さじき「早春菜の花まつり」

淡路島「いちご狩り」おすすめ人気農園4選

淡路島でイチゴ狩りが、関西で旬といわれる1月~6月のシーズンに入り盛況です。淡路島ではイチゴ狩りができる「いちご農園」が点在しており、関西地方のイチゴ狩りの人気ランキングので上位に入る農園も数カ所あります。理由は、淡路島は自然がいっぱいで、いちご栽培に適しており、観光気分が味わえるという3拍子が揃った「島」特有の環境が大きいのでしょう。淡路島は「玉ねぎの島」として不動の地位を確立していますが、関西では隠れた「いちごの島」として人気の体験観光となっています。おすすめの人気農園は下記の4つとなります。

いちご狩りおすすめ人気農園4選

インター近くの立地で選ぶか、いちごの種類で選ぶか、自然いっぱいで選ぶか、他の体験も一緒に選ぶかは、お好みとなります。

東浦イチゴファーム(インターに近くて観光に便利)

  • 農園住所:〒656-2305 兵庫県淡路市浦666-1
  • 電話番号:080-6187-4171

淡路島フルーツ農園(島内最大級の観光農園)

  • 農園住所:〒656-1523 兵庫県淡路市上河合173
  • 電話番号:0799-85-2696

山城農園(豊かな自然を感じられる里山にある農園)

  • 農園住所:〒656-1336 兵庫県洲本市五色町上堺2409
  • 電話番号:090-9091-0836(電話受付9:00~18:00)

淡路ファームパーク イングランドの丘(大規模農業公園)

  • 農園住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • 電話番号:0799-43-2626

ニジゲンノモリ「3月限定1日フリーパス食事付4800円」

アニメパーク ニジゲンノモリで、3月1日(金)~3月31日(土)までの1カ月間限定で利用可能となる「1日フリーパスチケット」を販売しています。対象アトラクションは、クレヨンしんちゃんの「アッパレ!戦国大冒険!(1コースのみ)」、「チャレンジ!アクション仮面飛行隊!」、「ふわふわカンタムロボ」、「ナイトウォーク火の鳥」、「期間中実施の有料イベント」となります。レストラン「モリノテラス」でフリーパス特別プレート、園内を周遊する「カート・トラムカー乗車券」も付いています。

ニジゲンノモリの詳細情報

3月限定1日フリーパスチケットの詳細情報

  • チケット有効期間:3月1日(金)~3月31日(土)まで
  • 対象アトラクション
    アッパレ!戦国大冒険!(1コースのみ)
    チャレンジ!アクション仮面飛行隊!
    ナイトウォーク火の鳥
    ふわふわカンタムロボ
    期間中実施の有料イベント
    レストラン「モリノテラス」フリーパス特別プレート
  • チケット料金:総額12400円→4800円(大人・子供共通)
  • チケット販売方法
    予約券:公式WEBサイト
    当日券:現地ショップニジゲンノモリガイドマップ

神戸淡路鳴門道沿線の人気16店舗「スイーツラリー」

神戸淡路鳴門自動車道の全線開通20周年のプレイベントとして、「神戸淡路鳴門自動車道沿線スイーツラリー」が開催されています。本州と四国をつなぎ明石海峡大橋、淡路島、大鳴門橋と通っている神戸淡路鳴門自動車道の沿線にある人気のスイーツ店16店舗(神戸市8店舗、淡路島4店舗、鳴門市4店舗)が参加するスタンプラリーとなります。有名スイーツ店で美味しいスイーツを食べて、もしくは、美味しいスイーツを購入して、スタンプを集めて、郵送もしくは投函すると、抽選で豪華商品がゲットできます。なお、応募方法は必要事項を記入して「郵送」、または淡路島にあるサービスエリア、または、パーキングエリアの「お客様の声BOX」に「投函」でもOKです。

神戸淡路鳴門道沿線スイーツラリーの詳細情報

  • 開催期間:1月13日(土)~3月31日(土)
  • 参加店舗:神戸市(8店舗)淡路島(4店舗)鳴門市(4店舗)
  • 応募用紙:各参加店舗に設置(スタンプ1回につき1人1つ)
  • 応募方法:チラシに印刷の応募用紙に、参加店で食事または購入でスタンプ。必要事項を記入して郵送、もしくは、淡路島のSAまたはPAに設置の「お客様の声BOX」から投函。(4月2日(月)消印有効)
  • HP:神戸淡路鳴門自動車道沿線スイーツラリー
  • 住所:〒530-0005 大阪市北区中之島2丁目2番2号
    「神戸淡路鳴門自動車道全通20周年記念イベント事務局」係
  • 電話:06-4706-3313
  • 詳細記事:神戸淡路鳴門自動車道沿線の人気16店舗「スイーツラリー」

ドラクエ30周年記念碑の銅像「ドラクエファンの聖地」記念撮影で注目

ドラクエ30周年記念碑の銅像が、2月11日(日)に洲本市文化体育館で「ドラゴンクエストスペシャルコンサート」を誘致開催された際に、ドラクエ生みの親の堀井雄二さんと、作曲家のすぎやまこういちさんが開演前に洲本市民広場にある銅像前で記念撮影をしたことで注目されています。洲本市は、ふるさと納税返礼品にドラクエグッズを採用したり、ドラゴンクエストミュージアムセレクション淡路島洲本を開催したり、ドラゴンクエストスペシャルコンサートを開催したりと、ドラクエの聖地としての地位を確立しつつあります。

ドラクエ30周年記念碑の銅像の詳細情報

  • 場所:洲本市民広場の旧アルファビアミュージアム建物前
  • 住所:〒656-0021 洲本市塩屋1丁目1-17
  • 入場料:無料
  • 駐車場:洲本バスセンター駐車場、イオン洲本店、エディオン洲本店
  • 最初1時間無料、その後1時間毎に100円
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約15分
  • 詳細記事:洲本市民広場「ドラクエ30周年記念碑の銅像」

淡路島モンキーセンター「寒い日に恒例のサル団子」

淡路島洲本市にある「淡路島モンキーセンター」で、寒い日に野生のサル(猿)が寒さをしのぐために、サル同士で体を寄せ合ったり、チビザル(子ザル)を抱き寄せたりして、一カ所に密集してだんご状態になる、冬には恒例の「サル団子」が見られます。サル団子は毎日見られるわけではありませんが、気温が低かったり、曇りの日などに餌の時間になって集まると良く形成されるそうです。また、大小300匹のサルを自然なかたちで見学をしたり、手渡しでエサやりをしたり、一緒に写真を撮ったりとサルとのふれあいを楽しめます。

淡路島モンキーセンターの詳細情報

  • 所在住所:〒656-2533 兵庫県洲本市畑田組289
  • 電話番号:0799-29-0112
  • 営業時間:9:30頃~17:00頃(サル(猿)が山から来て山に帰るまで)
  • お食事処:10:00~17:00
  • 定休日:木曜日(祝日年末年始営業)
  • ※なお、9月~11月はサル(猿)が来ないので見学できず、ほぼ休園となります。
  • 入園料:大人(中学生以上)700円、小人(4歳以上)350円
  • サルのエサ:200円
  • 駐車場:40台(無料)
  • HP:淡路島モンキーセンター
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道洲本ICから車で約40分
  • 詳細記事:淡路島モンキーセンター 寒い時期の恒例「サル団子」

南あわじ市産業文化センター「瓦とひなまつり」

淡路島の南あわじ市産業文化センターで、2月10日(土)~4月8日(日)に「瓦とひなまつり」が開催されています。今年は約800体のひな人形が展示されています。400年の淡路瓦の伝統と1000年のひな祭りの歴史のコラボレーションにより、日本の伝統文化が融合した美しい世界をご覧いただけます。いぶし銀と毛せんのコラボが奏でる調和の世界をコンセプトとして、1枚1枚が家を風雪からお守りする役割の瓦と、子供の健やかな発育を見守る役割のひな人形が合体して、土地の発展を願っているかのような雰囲気を醸し出してる美しいひな祭りを堪能していただけます。また、開催期間中に記念として瓦で作った「瓦とひなまつり」の可愛らしいオリジナルコースターが販売しています。入場は無料です。

瓦とひなまつりの詳細情報

  • 開催場所:南あわじ産業文化センター 展示棟
  • 開催期間:2月10日(土)~4月8日(日)
  • 開館時間:9:00~17:00
  • 開催住所:兵庫県南あわじ市津井2285-4
  • 電話番号:090-5133-9800(代表:前谷氏)
  • HP:瓦とひなまつり
  • 駐車場:無料(30台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約15分
  • 詳細記事:淡路島南あわじ市津井「瓦とひなまつり」

滝川記念美術館玉青館「淡路島のぶろんず(ブロンズ)展」

淡路島南あわじ市の滝川記念美術館玉青館で、2月3日(土)から4月1日(日)まで「淡路島のぶろんず展」が開催されています。2015年4月に南あわじ市松帆地区で発見された約2200年前の弥生時代の松帆銅鐸をはじめ、銅剣、銅鏡、貨泉など淡路島で発見された青銅器(ブロンズ製)の文化財約70点を展示しています。松帆銅鐸は、7点のうち最も古い菱環鈕(りょうかんちゅう)式の1点と銅鐸につるして音を鳴らすための棒とされる舌(ぜつ)の4点の実物を展示しています。鋳造復元した松帆銅鐸、古津路銅剣は実際に触れて体験することができます。また、来館された方全員に、3月4日に南あわじ市の淡路ファームパーク イングランドの丘と、美菜恋来屋(みなこいこいや)で開催される「淡路古代フェスティバル」で使用できるクーポン券が無料でプレゼントされます。

淡路島のブロンズ展の詳細情報

  • 開催場所:南あわじ市滝川記念美術館玉青館
  • 開催期間:2月3日(土)~4月1日(日)
  • 開館時間:9:00~17:00(最終受付16:30)
  • 所在住所:656-0314 南あわじ市松帆西路1137-1
  • 電話番号:0799-36-2314
  • 休館日:毎週月曜日(月曜祝日の場合翌日以降の平日)
  • HP:南あわじ市滝川記念美術館 玉青館
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約5分
  • 駐車場:無料(約20台)
  • 観覧料:大人300円、大学生高校生200円、小学生中学生100円
  • 展示観覧者に淡路古代フェスティバルで使用できるクーポンを無料プレゼント
  • 詳細記事:滝川記念美術館玉青館「淡路島のぶろんず展」

淡路岩屋4入浴施設「湯名人スタンプラリー」

2017年12月23日から2018年3月31日まで淡路島岩屋にある「スーパー銭湯」と「温泉旅館」と「昔ながらの銭湯」という4つの入浴施設が入浴スタンプラリーを開催しています。4施設でお風呂を楽しみスタンプを集めると「淡路岩屋の湯名人(ゆうめいじん)」に認定されます。認定の証として「淡路岩屋の湯名人(ゆうめいじん)オリジナルタオル」がプレゼントされます。チラシ兼スタンプ台紙は、4施設の他、道の駅あわじ、岩屋港でも入手可能です。なお、4施設とも定休日が不定期ですので事前にご確認することをおすすめします。

スタンプラリー参加の4入浴施設

美湯松帆の郷

  • 住所:淡路市岩屋3570-77
  • 電話:0799-73-2333
  • 時間:11:00~22:00
  • 休日:不定休
  • 料金:大人700円(中学生以上)子供400円(3歳未満無料)

淡海荘

  • 住所:淡路市岩屋3559-4
  • 電話:0799-72-4111
  • 時間:12:00~21:00
  • 休日:不定休
  • 料金:大人800円(中学生以上)子供400円(3歳未満無料)

丸吉湯

  • 住所:淡路市岩屋1587
  • 電話:0799-70-1740
  • 時間:14:30~22:30
  • 休日:不定休
  • 料金:大人400円(中学生以上)中人150円(小学生)小人60円(未就学児)

扇湯

  • 住所:淡路市岩屋1390
  • 電話:090-6976-6541
  • 時間:15:00~23:00
  • 休日:5営業1休(土日祝営業)
  • 料金:大人400円(中学生以上)中人150円(小学生)小人60円(未就学児)

淡路島「七福神めぐり」パワースポット巡り

淡路島の七福神巡りが年明け以降も盛況です。淡路島を七福神が乗り宝物を積んで海を進む「宝船」に見立てて、島各所にある七つの幸福の神様が祀られている七つのお寺を参拝して周ります。宝船は淡路島が国生み神話でイザナギとイザナミが最初に創造された島であること、淡路島が昔から御食国といわれ食の宝庫であること、淡路島が山と海と花に囲まれた自然の宝庫であることに由来しています。縁起が良くてご利益があるパワースポット巡りとして人気の開運ツアーとなっています。

七つのお寺の詳細情報

八浄寺(大黒さん、裕福の神様)

  • 住所:〒656-2212 兵庫県淡路市佐野834
  • 電話:0799-65-0026

宝生寺(寿老人さん、長寿の神)

  • 住所:〒656-2143 兵庫県淡路市里326
  • 電話:0799-62-2905

智禅寺(弁天さん、知恵の神様)

  • 住所:〒656-1556 兵庫県淡路市草香436
  • 電話:0799-86-1472

長林寺(福禄寿さん、大望の神)

  • 住所:〒656-1304 兵庫県洲本市五色町都志万歳975
  • 電話:0799-33-0121

護国寺(布袋さん、和合の神)

  • 住所:〒656-0511 兵庫県南あわじ市賀集八幡732
  • 電話:0799-54-0259

万福寺(恵比寿さん、律儀の神)

  • 住所:〒656-0515 兵庫県南あわじ市賀集鍛治屋87-1
  • 電話:0799-54-0244

覚住寺(毘沙門さん、勇気の神)

  • 住所:〒656-0451 兵庫県南あわじ市神代社家343
  • 電話:0799-42-0436

北淡震災記念公園「2つの大震災写真展「復興へあゆむ」」

北淡震災記念公園で1月15日(月)から、写真展「阪神淡路大震災、東日本大震災写真展「復興へあゆむ」」を開催しています。二つの大災害の発生直後と最近の様子との比較写真、被災地の爪痕と復興への歩みが伝わる報道写真、当日夕刊や臨時淡路版全24号などを展示。この他、震源に最も近い野島断層のズレを140mにわたり展示していたり、震度7の縦揺れと横揺れの違いを体験できたり、震災シアターで震災と防災の映像をご覧いただけます。

2つの大震災写真展「復興へあゆむ」の詳細情報

  • 開催期間:1月15日(月)~4月15日(日)
  • 開催場所:北淡震災記念公園
  • 開催住所:〒656-1736 兵庫県淡路市小倉177
  • 電話番号:0799-82-3020
  • 営業時間:9:00~17:00
  • レストラン:10:00~15:30
  • 入館料金:大人700円、中高生300円、小学生250円
  • 駐車場:無料(普通200台、大型50台)
  • HP:北淡震災記念公園
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約20分
  • 詳細記事:北淡震災記念公園「阪神淡路大震災など大震災写真展」

諭鶴羽神社「羽生結弦ファンの聖地」平昌五輪連覇で注目

羽生結弦選手が、平昌オリンピックの男子フィギュアスケートで五輪連覇という偉業を成し遂げました。66年ぶりの快挙です。淡路島にある諭鶴羽神社(ゆづるはじんじゃ)は「ゆづる」と名前が付く全国2社のうちの1社として、数年前から羽生結弦ファンの間で「聖地」となっています。羽生結弦選手も昨年6月に淡路島を訪れて車で諭鶴羽山を登り諭鶴羽神社を参拝されています。これまで羽生結弦選手が足首を怪我された以降、平昌オリンピックの本番が終わるまでファンからの多くの絵馬が奉納されていました。現在は、羽生結弦選手オリンピック2連覇を祝福する絵馬が増えているそうです。

諭鶴羽神社の詳細情報

  • 所在住所:〒656-0551 兵庫県南あわじ市灘黒岩472
  • 電話番号:090-3990-5334
  • HP:諭鶴羽神社
  • 駐車場:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICから車で約45分
    ※諭鶴羽神社へアクセス道路は、幅員が狭く注意が必要です。普通車は駐車場まで走行可能です。自信のない方は無料送迎も行っています。前日までに連絡で事前予約必要です。
  • 詳細記事:諭鶴羽神社「羽生結弦ファンの聖地」

淡路関空ライン キャンペーン4月末まで往復2800円

2月15日(木)から4月30日(月)まで、関西空港-淡路島洲本港を結ぶ淡路関空ラインの高速船で、お客様感謝キャンペーンを開催しています。往復券の購入で帰りは0円(タダ)となり、片道料金だけで淡路島から帰って来れることになります。関西空港-淡路島洲本港の往復券2800円(通常5300円)となり、片道換算1400円となります。4月末までは関西空港のある大阪府泉佐野市を含めたいわゆる大阪ミナミと、淡路島洲本港のある兵庫県洲本市が近い存在となりそうです。キャンペーンにより、大阪府南部や和歌山県、その近隣地域から淡路島洲本市までがお安くなります。特に、淡路関空ラインの高速船は自転車が搭載可能です。淡路島一周する通称「アワイチ」を楽しみたい、大阪府南部や和歌山県、その他近隣地域に住むサイクリストには便利な交通手段となります。

キャンペーン4月末まで往復2800円の詳細情報

  • 開催期間:2月15日(木)~4月30日(月)
  • 企画内容:往復券を購入すると帰りが0円になります。
  • 大人往復:2800円(通常5300円)
  • 小児往復:1400円(通常2700円)
  • HP:淡路関空ライン
    ※往復切符の復路は発行日から30日間有効
    ※小児料金は小学生
    ※就学前の幼児は同伴の大人1名様につき1名様無料
    ※中学生以上は大人料金
    ※障がい者などの運賃(普通運賃の半額)は障がい者手帳など提示必要

淡路島中央スマートIC「開通」

神戸淡路鳴門道で、津名一宮インターチェンジから洲本インターチェンジまでの区間に「淡路島中央スマートインターチェンジ(SIC)」が2月17日(土)から開通しています。淡路島中央スマートICは、津名一宮ICから約8Km、洲本ICから約4Kmの位置にあり、洲本市中心部へは約5Km、洲本市五色地域へは約10Kmで結ばれます。洲本市中心部へのアクセスが従来より約5分短縮される見込みです。淡路島中央SICは、通行可能車両が車長12m以下のETC搭載車両に限定されて料金収受係がいません。24時間で利用が可能です。ETCゲート前では、一時停止が必要となります。淡路島中央スマートIC-垂水JCT間の通行料金(普通車)は、平日1750円、休日1590円となり、洲本IC-垂水JCT間の通行料金(普通車)より、平日で110円、休日で60円安くなります。

淡路島中央スマートICの詳細情報

  • 設置場所:兵庫県洲本市中川原町市原
    (津名一宮ICから約8キロ、洲本ICから約4キロ)
  • 利用時間:24時間利用可能
  • 出入方向:両方向利用可能(神戸方面、鳴門方面)
  • 対象車種:ETC搭載の全車種(車長12m以下)
  • ETC車料金の参考価格
    垂水-淡路島中央:1750円(休日1590円)
    神戸西-淡路島中央:1980円(休日1700円)
  • 利用案内
    利用できるのはETC搭載の車両だけとなります。
    車長12メートルを超える車両は利用できません。
    スマートICでは一旦停止が必要となります。
    開閉バーが開いてから発進となります。
    誤って進入した場合インターホンから連絡してください。

関連記事